2015/08/31

インドのドラえもんで感じる文化の違い

インドでは毎日必ず日本のアニメが見れます。どこの家も衛星放送が一般的で何百もあるチャンネルの中、アニメや子供向けだけでも沢山のチャンネルがあります。そして、アニメと言えば日本から。忍者ハットリ君、クレヨンしんちゃんからHunter × Hunterなんてものまで放映していますが、特に人気を集めているのがドラえもんです。毎日別々のチャンネルで見る事ができます。

僕はヒンディー語は1割から2割程度しか理解ができませんが、結構ドラえもんをヒンディー語で見ると違和感を感じる事があります。そして、いかに日本人はその違和感を感じる事を違和感無しに日常で使っている事で感心します(ややこしくてすみませんw)。

例えば:

ドラえもんの中ではMaaf Kyijyiye(マーフ・キージーエー)とキャラクターが良く言います。これ、日本語で言うと「すみません」とか「ごめんなさい」ですが、インドの日常の生活でこんな単語聞いたことないぞ!!いや、普通にそこは英語でSorryでしょう(も中々言いませんが、100歩譲ったとして)。

そしてもう一つ、Shukriya(シュックリヤー)。これは、ウルドゥー語(イスラム教徒が使うヒンディー語と同類の言語)で「ありがとう」ですが、これもパキスタンやイスラム教徒のコミュニティーでは良く聞きますが、普通のインド人からほとんど聞きません!ちなみに、ヒンディー語だと「ダンニャバード」ですが、これも本当に聞きません。むしろ、Thank Youの方が聞きます。

ただ、一般的にインドでは「ごめんなさい」や「ありがとう」を使われないからと言って、おかしいという事ではありません。逆に、これらの単語を多く使用される事は日本文化の良さの現れであり、日本だけでは無く世界的に通用する習慣です。

ドラえもんを見るのはほぼ100%が子供達。もし、普通のインド人の子供がアニメでこの様な単語が多く使用したら、必ず普通の場でも使う事に違和感が無くなるでしょう。インド人のお父さん・お母さんが、よく子供に「ちゃんとThank Youを言いなさい!」と躾けている場面を見かける所がありますが、正にドラえもんはこれを強調しています。しかも、それを英語では無く、現地の言葉で。

こう見ると、ドラえもんのインドにおける影響力はかなり奥が深いです。

ドラえもんのヒンディー語バージョンのアニメで流れるように、Maaf KyijyiyeとShukriaが良く聞かれる単語になれば、気持ちの良い人間関係がより一層構築できるでしょう。英語では無く、現地語で協調する事によって自分達の文化を守り続ける事ができます。

そして、これが本当の意味での日本の国際貢献になります(ちょっとずつなってくれるかな?)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/30

涙が出る程嬉しい時

とちょっと大げさですが、先日日頃お世話になっているお客様から日本酒のボトルと、焼き立てのDe Loft(グルガオンにある日本人経営のベーカリー)のパンを沢山頂戴しました。

このお客様へは航空券の手配ぐらいの単純作業しかしていないので僕らがこんな凄い物をもらう価値は全くないのですが、「旦那が良くしてくれている人にはお返しをした方が良いと言っていた」とお客様が言ってくれ、それを聞いた時はとても嬉しかった。異国で会社を起業して良かったと思う瞬間です。


日本酒なんてインドではほとんど手に入りませんからね。。。入ったとしても料金はとんでも無く高い。

本当にありがとうございました!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/29

めっちゃ肉がうまいローカル食堂発見!

最近、とある事情で大和屋さんの近所にあるサフダルジャンの病院に頻繁に通っているのですが、あるものに、はまっています。病みつきなって危ないぐらい。

そしてインドを代表する日本人ブロガーであるブルーロータスさんの記事に最近偶然に取り上げられている事を発見して驚きました。

病院の食事はシンプルなので、夜、お隣にあるサフダルジャン・エンクレーブ・マーケットと言うかなりローカルなマーケットで何か食べる所無いか探した所、店の外で香ばしい肉を焼いている匂いに立ち止ってしまいました。ドネル・ケバブから色々な種類の肉や魚をその場で鉄板の上で焼いたものが並べられ、ジューッとした音に魅かれ、一番美味しそうだったチキンサテー(2本でRs. 120)と、付け合わせにシャワルマ(アラブ風の肉のロール;Rs. 80)を買う事にしました。

名前はラジンダー・ダ・ダーバ(Rajinder da Dhaba)。店の周りには沢山の人だかり。

これがチキンサテー。

賑わうラジンダー・ダ・ダーバ。

テイクアウェイして病院の個室で食べる事に。これがめちゃめちゃうまいのです。シャワルマはまぁまぁでしたが、このサテー、鶏肉の美味しさがしっかり染み出て、インドでは無くてタイ風。タイ料理に利用されるカフィール・ライムの葉が細かくされてソースと絡まれており、凄く病みつきになって2回目に病院へ行った際もついつい買ってしまいました。

左がシャワルマ、右がサテー。

ただし、と~ても辛いです。特にサテーは。翌朝は大体腹が緩くなりますが、それでも食べ続けます(笑)。それほど、このチキンサテーはお勧めです。

ブルーロータスさん曰く、ここのムルグ・マライ・ティッカがお勧めだそうですので、今度は是非それも試してみたいと思います。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/28

デリー・ローカルバスの乗り方

日本やシンガポール等、バス停でしか乗れないバスと違ってインドでは普通に通りかかったバスに手を上げれば止まってくれます。また、降りたい時も運転手にそこストップ!と声を掛ければ、降ろさせてくれます。

インドの市内路線バスは危険!と言うイメージがありますが、でかい分、逆に安心です。一般的に車の運転マナーが日本より荒いので、でかいバスだったら他の車とぶつかっても、被害は大きくありません。少なくても、オートリクシャ(オート3輪タクシー)よりは安全でしょう。

とは言いながらも、路線を把握していないので、市内バスはあまり僕も利用しません。たまたまオートリクシャを中々捕まえられない時に、バスが通りかかって近所の通りから大通りの出口まで利用する事はあります。

バスに乗ったら、まず切符を買わなければいけませんがデリーはなんと車掌がドア付近の乗客用の座席に重い腰を置いて乗客はそこへ払いにいきます。常識的に考えると車掌が車内を動くのはどこでも当たり前なのに、デリーでは動かない。しかも、混んでいても乗客用の座席に2席堂々と使用してるし(笑)。以前バンガロールに住んでいた時、バンガロールではちゃんと車掌が車内を移動していました。デリーは首都だけあってやっぱり役人根性なのかなw。

バスの種類は、エアコン付きバスとエアコン無しバスがあり、エアコン無しバスは昔ながらの車高があるオンボロのやつと、新しいのは車高が低いやつです。エアコン付きは新しいので、皆車高が低いです。料金は、エアコン無しが初乗りRs. 5。エアコン付きはその2倍。

車内の様子(昔ながらのオンボロバスの)。

でも車内は比較的清潔。

路線さえ把握していれば、バスに乗ってみるのも面白いかもしれません(混んでいなければ)。

一つ難点なのは、乗る時、バスが半分走りかけている場合がある事。下手してうまく手すりを捕まらなかったら、道路に転んでしまいます。あとどうなるかは想像にお任せ。

女性にはちょっと厳しいかな。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/27

インドで日本クオリティーのパン!

以前、デリーで日本クオリティーのケーキに付いてブログを書きましたが、今度はパンです。口コミでダイヤパーク・プレミア(グルガオンにある日本人向けのホテル)の焼いた食パンが美味しいよと聞いていたので、大和屋さん訪れた時にたまたま置いてあった事もあり買ってみました。

お値段は厚いのが4切れでRs. 180(約360円)。同じぐらいの量のインドのパンだとその10分の1ぐらい。

ダイヤパークのパン。

でも、う。ま。い。インドのパンは柔らかくても粗く、ちぎる時にはすぐに切れます。日本のパンはその反面、繊維の様なものがあり、ふんわり感たっぷりですぐにはちぎれません。ダイヤパーク・プレミアのパンは日本の小麦粉を使っているらしいので、後者になります。普段パンの耳はあまり好きではありませんが、こちらのパンは耳も美味しい。そしてもっちり感が何とも言えません。普通に日本の食パンです。

いつもはパンより米派なのですが、こんな美味しいパンだと毎日バターだけを付けたものだけでもいけますね。

デリーはどんどん日本人の食生活を満足させてくれる土地になってきています(お金を出せばね!)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/26

日本人のつぼをしっかり押さえた大和屋さん

食料品の買い物は普段INAへ行きますが。。。インド産の日本米があるかなと思い、久しぶりにデリーの大和屋さんへ行ってきました。改めて、品揃えには感心する所があります。インドに住む日本人が必要とするものは大体売っているからです。単なる日本の食材を揃えているだけでは無く、普通のインドのスーパーと違うのは以下の通り:

○牛肉、豚肉、魚介類の種類が豊富!絶対に普通のインドのスーパーでは手に入らない。すべてパックされた冷凍のものですが、肉はちゃんとミンチ、ステーキ用、薄切りなど別々に用意してあり、インド国内産から輸入品まで揃える。魚介類は刺身用や調理用に分けられて売られている。

○デリーNCRにある日本人向けレストランが製造した食品が買える。例えば、やきとらさんのたこ焼きや、ダイヤパーク・プレミアのパン等。最近は自家製納豆まで購入できるそうで(僕が行ったときには既に売り切れていました)。

○ソーセージやハム、チーズ等の専用冷蔵庫も。インド産でも良いクオリティーのブランド製品が販売されている。

○種類は多くないが、旬のインドで作られた日本の野菜が売られている。山芋や牛蒡等。

○ヒマラヤの岩塩やカシミールのナチュラルの蜂蜜など、インドの特産品で日本人にヒットする商品を置いている。これらは中々見かけない。ヒマラヤ岩塩に関しては原石から粗びき、そして同じ並びには専用のガリガリするミルまで販売!こういう小さな気遣いが日本人の心を揺さぶります。

○僕は確認していませんが、昨年、友人が急遽熨斗袋が必要になってダメもとで大和屋さんへ行ったらあったとの事。

以前のイメージだと大和屋=日本の輸入食材=高いでしたが、インド産の「良い物」を集めているので、インドに住んでいる日本人だけでは無く、旅行者にもお土産購入等にお勧めです。

どうしても僕は不便だった20年前のデリーと比べてしまいますが、これだけ日本人を充実させるスーパーができる事自体凄いです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/25

ばいばいマンゴー

嗚呼、寂しい時期になりました。愛しのマンゴーともそろそろお別れです。

マンゴーが出始めた4月から早4ヶ月。毎週INAで大量購入していました。ほぼ毎日食後はマンゴーを切って食べる事が日課だったので、これが無くなると大切なものを失う気分です。

デリーで購入できるマンゴーの種類別旬は:

4月~5月 アルフォンソ→マンゴーの王様的存在。小さいが濃厚。お値段が一番高い。
5月~7月 サフェーダ→一番癖の無いマンゴー。さっぱり系で形が大きい。安い。
6月~8月 ダッシャリ→柿の様な味。細長いのが特徴。あまりマンゴーらしくない味かな。
6月~8月 ラングラー→濃厚だが癖がある。色は濃いオレンジ。はまったら美味しいかな?
7月~8月 チョーサ→いかにも「マンゴー」と言う感じ。ほど良く濃厚。病みつきになる。

もうすべて試しました。個人的に好きなのはサフェーダとチョーサ。

一番最後の旬がチョーサ。先週まで1キロRs. 150が先日からRs. 200までアップ。もう、高くて買えません。これでラストと思って、買いだめしました。中身はとろける程甘かった。一口一口を大切に食べていきたいと思います。

恐らく今年最後のマンゴー(チョーサ)。

また8ヶ月後に会おう!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/24

個性豊かな機内安全ビデオ:ベスト3発表!

かなりマニアックになるので、あまり詳しくは書きませんが。。。

YouTubeで検索すると、各航空会社の機内安全ビデオの動画を見る事ができます。そんなの見て何が面白い?なんて言われそうですが、結構コレに力を掛けて面白くしている航空会社もあるのです。各社の安全ビデオを見ましたが、その中でも個人的にベストだと思うトップ3を発表したいと思います。

<3位>
エールフランス:サービスやイメージ改善にとても力を入れているエールフランス。パリの空港では「世界で一番豪華なファーストクラスラウンジ」を提供する事で知られる様になり、制服や機内食も一新。2015年には、新しい安全ビデオも作製されました。ちょっと乙女チックと言うか、女性向けっぽい所もありますが。。。芝居がシンプルでお洒落です。あとはこのフランス訛りの英語がまたセクシーで。



<2位>
ハワイアン航空:とにかく「ハワイの大自然」を強調。これを見ると、思いっきりハワイへ行きたくなります。エメラルドグリーンの海から溶岩の大地、森の中を流れる清流など。。。大きな機内のスクリーンから眺めたら尚更迫力ありますね。ハワイへ旅行する時はわくわく感を与えてくれます。



<1位>
ニュージーランド航空:少し前のものですが、ロード・オフ・ザ・リングシリーズの監督が作成したホビットをテーマにしたビデオで、かなり面白いストーリーで構成されています。そしてニュージーランド訛りの英語が何とも言えない。。。そう言えば、ニュージーと言えばロード・オフ・ザ・リングの舞台設定になった国。テーマにする理由も判ります。



いつもあまり気に掛からない機内安全ビデオですが、この様に面白くすると逆に釘づけになりやすいですね。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/23

今まで体験した美味しい機内食

この6年間、乗った飛行機の機内食はすべてほぼ確実に写真に思い出として残しています。

振り返ってみて、思い出を語りたいです。

エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファーストとすべて乗る機会がありました(ファーストなんて1回しかありませんが)。

今思いつく一番思い出深い機内食は、マイナーな航空会社ですがサウジアラビアの国営航空、サウディアのデリー→リヤド間で提供されたラム肉のビリヤーニ。米の硬さも丁度良く、肉は柔らかく煮込んであり、全体的にとても美味しい食事でした。

ラム肉のビリヤーニ(ビジネスクラス)。

アジア系の航空会社の機内食は全体的に好きです。特に、タイ国際航空はほとんどはずれがありません。エコノミーでも食事が美味しく、いつもタイ国際航空に乗ると機内食が楽しみです。この中でも最も印象深いのが、羽田発バンコク行きの朝食に出された焼きそば。味は日本の露店の屋台で出てくるようなもので、硬さもアルデンテで丁度良く、とても美味しかった。

肉入り焼きそば(エコノミークラス)。

ベトナム航空の機内食も美味しかったです。ボリュームがあり、味と質共にグッド。特にホーチミン→成田便の朝食に出されたアジア風の焼きそばがうまかったです。青菜、肉と麺のバランスがグッド。

アジア風の焼きそば(エコノミークラス)。

前菜だと、思い出に残る味はエティハド航空のアブダビ→成田間のファーストクラスで出されたオリエンタル風辛酢スープと四川風のスモークサーモン。正に空飛ぶ高級レストランの味でした。

オリエンタル風辛酢スープ(ファーストクラス)。
 
四川風スモークサーモン(ファーストクラス)。

素朴な美味しさがあるのは、マレーシア航空のビジネスクラスで提供されるサテーのワゴンサービス。インド線はチキン、ベジ、マトンから;その他の路線ではビーフとチキンを選べます。このサテーはちゃんと飛行機に載せる前に炭火焼にする様なので、美味しさが一段とアップです。

日本発のビーフサテー(ビジネスクラス)。

前菜に関しては、一般的にエコノミーはあまり力を入れていないため、美味しいと思うのはビジネスクラス以上になりますね。

そしてデザート。タイ国際航空のバンコク→デリーのビジネスクラスで出されたアップルパイが今まで食べた機内食のデザートで一番美味しかったです。次に、エティハド航空の成田→アブダビで出されたアラブ風のプリンも超美味しかった。

めちゃくちゃうまかったアップルパイ(ビジネスクラス)。
 
アラブ風のプリン(ビジネスクラス)。

あと、意外にエアインディアのインドカレー好きです。インド料理には親方マハラジャ丸も力を結構入れているのが判断できます。

インド国内線でもこのレベル(エコノミークラス)!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/22

インドのヤクルト

インドにも、ヤクルトがしっかり入っています。

デリー等の大都市では、大体どこのスーパー行ってもヤクルトを販売していますし、場合によっては小さなヤクルト専用の冷蔵庫の中に売っている事もあります。正直、インド人が購入しているのはあまり見た事はありませんが、どこでも売っている所を見るときっと売れているんですね。

同年代の飲み会仲間がデリーのヤクルト駐在員で、「お前ん所もヤクルトレディ送るからどうや」と言われ、本格的にヤクルトを去年から頼むようになりました。

そう、日本ではヤクルトおばさんで自転車で届けますが、ここインドは若い女性がバイクで届けます。このアイディアは良いです。届けてくれるとなると、わざわざ買いに行かなくても良いし、普通に良く飲むようになります。今では朝晩に一本ずつ飲んでいます。ヤクルトレディは毎週1回届けてくれるので、そこでまとめて購入します。

このヤクルトレディ、日本式の教育を受けているせいか、しっかりしています。愛想は良いし、お釣りはいらないと言っても、ちゃんと返そうとする。インドでありがちな釣りが無いという事も少なく、大抵必ず細かい釣銭を用意しています。

インドではヤクルトは一本12ルピー(約24円)。日本と同じクオリティーで安価で飲め、健康にも良い(はず!)です。いつも寝起きの時と運動してジムから帰った時に飲みますが、特に体を鍛えた後の一本はなかなかです。

ところで、ヤクルトは工場見学がウェルカムだそうです。場所はデリーから約2時間?ぐらい北にある所らしくて、興味があれば事前に連絡頂ければちゃんとした工場見学を実施してくれるとの事。

インドのヤクルトボトル。

このヤクルトのボトルだけはインドで作る技術が無く、日本から輸入をしているらしいです。インドのヤクルト社はこれだけを売っている会社なので、本当に採算が取れているのか心配になります。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/21

KHADIの石鹸にはまり中

毎日の風呂に欠かせないのが、KHADIの石鹸。つい最近まで知らなかったこのブランド、実は、前デリーで働いて今ホーチミンで仕事しているY君が今年4月にベトナムで会った時のインドからのお土産としてリクエストされました。(うわ~ベトナムめっちゃ懐かしい。かなり良い所!!)

Y君から20個買ってきて!と言われた時は戸惑いましたが、希望通りに様々な種類の香りを購入し、お蔭でインドからネパール経由アブダビ経由成田経由でやっとベトナムにたどり着いた時には既にバッグの中はこのKHADIの石鹸の香りがたっぷり。しばらく、取れませんでしたw。「俺、めっちゃKHADIの石鹸好きなんだけど、ベトナムでは手に入らないし、日本ではすごく高いから~ずっと欲しかったんだ」と言われ、そんなに良いのかと気になったので、インドに帰ったあと適当に数種類購入して試してみました。

いい!すごく泡立つし、香りが凄く残る。ローズ&ハニー、チョコレート(意外にこの甘い香り好きです)、さっぱり系だと柑橘のオレンジやレモン、そしてレモングラス等、色々あります。バスルームに普通に石鹸置きに置いているだけで、香りが広がります。また、安い!シンプルなものは一つRs. 50ぐらい。ローズ&ハニー(本当のローズの花びらが入っています)など少し凝ったものは一つRs. 120~150ぐらい。クオリティーからすると、悪くないです。

石鹸のパッケージ

Y君が愛用している良さが解りました。

ただ、難点は泡立ちすぎて、意外に減りが早い事。1日2度の風呂で、1人で2週間ぐらい使うと無くなります。

Y君曰くどこのインドのスーパーでも売ってるよとは言っていましたが、近所ではあまり見かけた事が無いのでバックパッカーが多く集まるパハールガンジまでわざわざ行ってます。外国人にも人気なのか、取り扱っている店も多く、何十種類と並ぶ場合があるので色々選べて楽しいです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/20

クウェートの援助で運転が再開した三陸鉄道

東日本大震災。

この悲惨な災害後、世界各国は沢山日本に義援金や救済金、物資を送ってくれ、様々な方法で支援をしてくれました。ただ、残念ながら彼らの貢献はあまり知られていません。

例えば、オマーンって国をご存知でしょうか。中東の端にある、人口わずか350万人程の人口規模では小さな国ですが、この国は義援金としてはアメリカ、台湾、タイに続き、4番目に多い国でした。しかも、それ以上に、義援金は届くまで時間が掛かるという事で、義援金以外にも南相馬市にある金属製品製造業「落合工機」に対し、26億円の浄水器を発注し、その購入したものを被災者に届けるという何とも本当に地元の経済も救う方法で親身になって支援してくれました。これは、国としては無く、オマーンの王族が自ら行った援助です。

話は変わりますがオマーンって僕が60数ヶ国訪問した中で一番印象深く、また訪れたい国。インドのデリーからわずか飛行機で3時間以内ととても近い距離にありながら、あまり訪問する日本人の観光客はいません。皆さんドバイへ行っちゃいますから。。。人工的なドバイより、アラブの古き良き文化と大自然(綺麗な海やオアシス、砂漠や渓谷等)が残るオマーンの方が全然お勧めです。オマーンの王室には昔日本人の女性が嫁いだとされ、それで日本に対して好意的な部分もあるのですね。

そして、インドに身近なブータン。義援金の額は他国と比べて多くはありませんが、国の国内総生産(GDP)比率からしてなんと6%分もの義援金を送って頂きました。日本のGDP比率で例えると、36兆円ぐらいをどーんと1ヶ国の災害のために寄付する様なものです(日本全国民一人あたりが30万円を寄付する感覚!)。

貧困と内戦に苦しむアフガニスタンの地方都市カンダハルからも、600万円を寄付してくれました。しかも、彼らは「我々はこれだけしか集まらなかったけど、少しでも日本へ貢献したい」との事。泣けてきます。

インドも、義援金(日本赤十字に集まった総額)の額としては13番目です。

さて、主題はクウェートの援助。元鉄道オタクとしては、とても興味深かったのは津波によってダメージを受けた三陸鉄道。ここの運転再開は、新しい車両の購入も含めてクウェートが関わってくれました。

寄せ書き。

列車の車両にはクウェートへの感謝のメッセージが。

※写真は勝手にグーグルで検索した画像を使用させて頂いております。

まだまだ、東日本大震災へ対しての世界各国の感動する話はあります。もっとメディアに報道してもらいものです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/19

衛生状態が良いインドの都市ランキング結果

先日の新聞で、面白い記事がありました。

インド政府が、インドで衛生状態が良い都市をランク付けで発表。条件は、各世帯にトイレがあるか、公衆トイレはどれぐらい清潔か、ゴミの収集がしっかりされているか、等、対象都市は476都市。驚く結果(別に驚かないかな)でした。

1位 マイソール(カルナータカ州)
2位 ティルチラパッリ(タミルナドゥ州)
3位 ナヴィ・ムンバイ(マハラーシュトラ州)
4位 コチ<旧コーチン>(ケララ州)
5位 ハッサン(カルナータカ州)
6位 マンディヤ(カルナータカ州)
7位 ベンガルール<旧バンガロール>(カルナータカ州)
8位 ティルヴァナンタプラム<旧トリバンドラム>(ケララ州)
9位 ハリサハール(ウェスト・ベンガル州)
10位 ガントック(シッキム州)

138位 ガジアバード(UP州)
397位 デリー
418位 バラナシ(UP州)
466位 グルガオン(ハリヤナ州)
476位(最下位) ダモー(MP州)

デリーとグルガオンかなりやばいです。グルガオンにおいてはバラナシ以下。あんなに高層高級マンションが多く並ぶグルガオンでも、やはり庶民用のインフラや衛生管理はしっかりされていないのですね。。。

反対にTOP10の7都市はすべて南インド。南特有の勤勉さが表れている様な気がします。10位のガントックも、ゴミのポイ捨ては罰金で至る所にゴミ箱が設置されていたのが興味深かったです。バンガロールは住みやすい!と聞きますが、気候だけでは無く、これらの衛生面の管理もある程度しっかりしているからでしょうね。

ちなみに、1位のマイソールはこれ。チャームンディ・ヒルと言う丘から撮影した街並みです。乾季に訪れましたが緑が豊かです。

マイソールの街並み。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/18

大気汚染の無い季節

デリーは一昨年初頭にPM2.5値が北京より悪くなって世界で最も空気の悪い都市ナンバー1になったとの事で、デリー・グルガオンの駐在員宅では一斉に空気清浄機を見かけるようになりました。その後、インドのメディアは連日大気汚染の事ばかりを取り上げ、デリーの子供達の3割が何かしらの肺の障害がある等ホントかいなと思うような怖いニュースがかなり報道されていました。まぁ、報道規制されていないだけ、良いのですがね。。。こうなると、空気をきれいにしょう!と言う動きが活発化されるので。
 
デリー中心部のサフダルジャンにはPM2.5を測定する電光掲示板があり、大気汚染が酷い乾季の冬は健康に害するレベル(400以上)になる日もある様ですが、雨季の今は雨のお蔭で空気も良く、唯一外で気持ち良く運動ができる季節です。   今朝のヒンドゥスタン・タイムスの新聞で、8月16日のインド各主要都市のAQI(エアー・クオリティー・インデックス)と呼ばれる大気汚染を測る数値が掲載されていました。
 
意外に綺麗?

これを見ると、なんと冬のデリーは一番深刻なSevereゾーンにある数値が、雨季の今はぎりぎり緑の枠内に。こんなに大気汚染って変わるのか!
 
バンガロールやムンバイは一番濃い緑でGoodのゾーン。あの大都会ムンバイではクリーンなエアなんですね。
 
濃い霧で大気汚染と交わり、どんよりするデリーの冬とは大違い。
 
あ、ちなみに数日前に屋上から撮影した雨季の晴れ間の写真をアップします。デリーもこんなに真っ青な空になる事もあるんですよ。空気が良い証拠です。  

デリーでも雨季はこの様な空も珍しくない。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2015/08/16

独立記念日の様子

昨日自宅の屋上から撮影した凧揚げの様子をアップします。うちは周辺で最も高い建物なので、近所の子供達(や大人達)がそれぞれの家の屋上で凧を揚げているのが良く見えます。隠し撮りで何枚か撮りました(笑)。

凧揚げ準備中。

上がりました。

た~か~く~あがれ~。
左下にはモディ首相の顔が映った凧が(笑)。

子供達も大はしゃぎ。

ポーズ決まってます。

お父さんも凧揚げに参加。

ごめん、踏んじゃった。

でも復活。

笑顔が明るい。

これからインドもどんどん発展が予想されます。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

スリランカが無かったら今の日本が無かった!?

お隣のスリランカ。小さい国ですが、実は今の日本が存在するのは、この国の代表の演説が大きく関わっているのです。

時は1951年。サンフランシスコ講和条約。これは、日本の主権回復に向けた各国が集まる会議で、米軍による駐留が終わり、各国が日本が普通の国として復帰する事を認めるかという集まりでした。

この中で、ソ連は日本の分割案を提案。こんな感じです。

赤はソ連、青はアメリカ、茶色は中国(国民党)、緑はイギリス。

※画像はこちらのサイトから引用しております。

こんな事になれば、ドイツの二の舞になり、北海道と東北は旧東ドイツの様に自由の無い共産国になっていたでしょう。

これを、阻止する様に議会で先だって意義を唱えたのが、スリランカ(当時はセイロンと呼ばれていました)のジャヤワルダナ代表。彼は、日本は既に他国に謝罪をし、責任を負い、そして日本人は空襲で苦しめられたとして、この分割案を拒否し、主権回復をする様に演説しました。彼の伝えた言葉は「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」と仏陀の言葉を引用しました。そして、日本の賠償請求を放棄する様に伝えました。後に、ジャヤワルダナ代表はスリランカの大統領となった人物です。

このスピーチの後、各国が調和をする事になり、日本の主権回復に49ヵ国が調印し、無事日本は独立国として復帰する事が出来るようになりました。

実は僕もこの事実を知っておらず、ブログを愛読して頂いている読者から聞いて調べたものです。本当に、どうしてこういう大事な事を日本人として知らなかったのだろうと、ちょっと恥にも思います。

ちなみに、インドはサンフランシスコ講和条約に参加していません。理由は、インドの当時ネルー首相はアメリカにもソ連にも属さない非同盟の独立の立場を取っており、戦争をした同士の国の講和はこの様な会議では無くお互いで結ぶべきとし、そして米軍が引き続き日本に駐留して冷戦の構造を強化させてしまう条約に賛成はできないとしました。その代り、翌年の1952年にインドの日本の間で平和条約が結ばれました。

インド側からしてみれば、このサンフランシスコ講和条約はアメリカに有利を与えるものであって、日本にとって不平等と見ていたと言われています。立場がしっかりあるインドは格好いいですね(笑)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村