2016/03/30

ラスト(!?)な一時帰国ルート決定:ルフトハンザで日本へ!

さて、先日予定していたオーストリア航空のリスケで予約済みのウィーン→成田のフライトがキャンセルになり、航空会社へ代替のフライトを求めたところ、今日返答があって決まりました。

個人的には当初オーストリア航空側から提案されたスカンジナビア航空のビジネスクラスが非常に魅力的だったのですが、最終的に決まったのはルフトハンザ航空でした。

ルートは、カイロ→フランクフルト経由→成田です。

結果的に、最終ルートは以下の通り:

2016年日本一時帰国ルート!
※gcmap.comにて作成

--------------------------------------------------------------------------
○デリー→マスカット:オマーンエア B737-800 (ビジネス)
○マスカット→ミラノ:オマーンエア A330-300 (新ビジネス)
<ミラノ1泊>

○ミラノ→アテネ:エーゲ航空 A320 (エコノミー)
<アテネ半日休憩>

○アテネ→カイロ:エーゲ航空 A320 (エコノミー)
<カイロ空港で深夜乗り継ぎ>

○カイロ→フランクフルト:ルフトハンザ A321 (ビジネス)
○フランクフルト→成田:ルフトハンザ A340-300 (ビジネス)
<機中1泊→日本滞在10泊>

○成田→ウィーン:オーストリア航空 B777 (ビジネス)
<ウィーン1泊>

○ウィーン→カイロ:オーストリア航空 A319 (ビジネス)
<カイロ1泊>

○カイロ→マスカット:オマーンエア B737-800 (ビジネス)
<機中1泊>

○マスカット→デリー:オマーンエア B737-800 (ビジネス)
--------------------------------------------------------------------------

元々オーストリア航空のビジネスクラスが目的でしたが、今回はその他にもルフトハンザとオマーンエアの中・長距離フライトも期待できそうです。

当初の予定より大幅に変更しました。これだけ変わりました(笑):

2015年10月2日>オプションを絞る段階
○この時点でオーストリア航空に乗るオプションの可能性が高くなりました。

2015年11月9日>第1プラン発表
○オーストリア航空で決定。ただ、カイロ発着の航空券になるため、デリー⇔カイロのルートは暫定的。

2016年1月1日>第2プラン発表
○デリー⇔カイロのルートをターキッシュエアラインズで決定。

2016年3月2日>第3プラン発表
○オマーンエアが超魅力的なビジネスクラスの大セールを実施(今でもやっていますが)。デリー⇔カイロが、かなり破格な料金でゲットできるため、ターキッシュをキャンセルしてこちらへ変更。でも、デリーもカイロも小型機での運行でせっかくならヨーロッパ便に運行している新型のフルフラットシートを試したく、欲が出てわざわざ行きはミラノへ行くことへ決定。そこから更にカイロまでエーゲ航空の安価な片道航空券をゲット。

ところが、予定していた「メイン」のオーストリア航空が成田便を減便し、予定していた飛行機がキャンセルに!もうこれ以上長くはうろうろしたく無く、日付を早くしても既に満席。それで、オーストリア航空に代替フライトの手配をお願いしたところ、ゲットしたのはルフトハンザ。オーストリア航空は帰りに乗れるし、違う航空会社の方が比べられるので面白い。しかも、ルフトハンザの方が乗り継ぎ時間が良いので当初していた予定よりも1日以上早く日本に到着できるのがプラス。

そして今日の第4プランに至ります。

ルフトハンザのビジネスクラス
※ルフトハンザの公式サイトより

実はルフトハンザのビジネスクラスは他のヨーロッパ系と比べても高額な設定。もし、オーストリア航空のリスケ無し普通に片道ルフトハンザ、片道オーストリア航空にすると元の値段より1.5倍も高い。そういう意味では、お得にゲットできました。(オーストリア航空はルフトハンザグループの航空会社なので、お互いの航空会社が別々でも同じチケットで発券できます。)

1ヶ月半後が楽しみです。後は体力勝負。。。

てな訳で、今回の旅程をフルコースメニューに例えると。。。

----------------------------------------------------------------------
前菜:オマーンエア(A330フルフラットシート)

お口直し:エーゲ航空

メイン1:ルフトハンザ

メイン2:オーストリア航空

デザート:オマーンエア(短距離路線用リクライニングシート)
----------------------------------------------------------------------

ちなみに、エジプトポンドが下落し、航空運賃はあまり変わらないので更にカイロ発着のビジネス・ファーストクラス航空券が魅力的になっています。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/28

オマーンエアのビジネスクラス大セール延長!

先日ブログ記事に記載したオマーンエアのビジネスクラス大セールがカムバック!今度は:

発券期限は4月4日(月)まで
旅行期限は6月30日(にインド着)まで(でも、実際は5月31日っぽいです。。。6月は空席が全然無い。。。)

僕もこのセールを活用して、日本に帰る際に一度ミラノへ寄ります。
オマーンエアのビジネスクラスはかなり口コミで評価が高いです。
他社のエコノミー並みの運賃(もしくはそれ以下!)なのでかなりお得です。

安い分、航空券は返金不可なので気を付けましょう。

詳しい料金や詳細はこちら>


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

OLAタクシーはすごいぞ

以前、デリー空港からメーター付きのラジオタクシーで待ち時間に関して喧嘩した事があったり、デリー空港のプリペイドタクシーがかなり腐っていてもうあきれた事など、タクシーに付いて本当に嫌な思いはこの1ヶ月間でありました。

コルカタの友人家族から「OLA(オーラ)タクシーがいいよ」と聞いてから初めてコルカタで今月初めデビューしてから、本当に良い!何が良いというと:

①ドライバーが丁寧

②車が綺麗

③料金が激安(オートリクシャ並み)

今まで、タクシーと言えば、知り合いのタクシー会社で1日チャーターするか、Meru(メルー)タクシーと言うインターネットもしくは電話で呼ぶタクシーを使っていましたが、メルーは最近サービスの質が低下した(こちらがお願いしない限りエアコンを付けない;車内があまり綺麗では無い、制服を着ないでかなりラフな格好をしたドライバーがいる、時々運転がかなり荒い)ため、ほとんど使わず、知り合いのタクシー会社の1日チャーターをちょっと高くてもお願いしていました。

今日は日本人学校でアメフト(フラッグフットボール)に友人に誘われて参加するために、1日チャーターするのも勿体ないし(日本人学校は割と近いので)、かと言ってオートリクシャで行くとなると大通りまで歩きで出なければいけないので、以前に2回使用したOLAタクシーを呼びました。

OLAはスマホアプリ専用で、一度スマホにアプリをダウンロードします。一度ダウンロードすると、ものすご~く使いやすく、地図が出てきて自分がいる現在地と共に、何分後に次のタクシーが手配ができるかという事まで表示されます。

前回2回は、事前に時間指定で手配しましたが、今日は初めて事前に時間指定せず、本当にすぐに来るかチェックするために「Ride Now」で指定しました。電話で呼ばず、ボタン一つでなんと予約完了なのです。大抵、深夜を含めたどの時間でも、3分~10分以内で僕の住んでいる南デリーのサーケット近辺は到着可能になっています。

最初は3分後になっていましたが、到着したのは10分後ぐらい。でも、十分に許せます。以前使っていたMeruは、時間指定で予約しても、時間になったら車の空きが無いから送れませんとか言うメッセージがぎりぎりに来て、ひどい目にあった事があります。それから、Meruへの信用は失いました。

OLAだと、万が一それがあったとしても、すぐにいつでもどこでも呼べるのでとても便利で安心です。

ちなみに、車種は一番安いのがMicro、その次にMini、Sedanとなります。Microは時間指定ができず、「Ride Now」のみ選択可能。他のMiniとSedanは、時間指定が可能です。でも、正直どれも安い。。。

今回はその場で呼ぶタイプなので、Miniを選択しました。でも、メッセージでMicroへアップグレードされたと連絡が入り、その車種はスズキのWagonRでした。Miniだと恐らくスズキのAltoかな?

ボタンで確定すると、すぐにSMSが来てすぐの予約の場合はその場でSMSでドライバーの名前と携帯番号が届きます。時間指定の場合だと、予定時刻の30分前ぐらいに連絡が来ます。そして、一度ドライバーから確認の電話がありますが、万が一英語が通じなければ、適当にCome, Comeと言えば良いと思います(道を聞かれますが、これは恐らく予約確認のためだと思う。GPSを持っているから、道がわからない事は無いはず)。

今日のドライバーはかなり愛想が良く、最初に「Good Afternoon」と電話で挨拶されました。今まで無かった。。。

到着したWagonRはかなり清潔。ちなみに、デリーのOLAタクシーは車にロゴなどは無く、普通の青線が入ったツーリストカーとしか記載がありません。

清潔な車内

ドライバーはもの静かで服装もぴっちり。すぐにエアコンを付けてくれました。

横にはナビが

端には携帯ナビが入っていて、そこに渋滞情報等すべて表示!そして、曲がる箇所はかならず英語で自動音声が案内が。

シート

シートはカバーも付いていてすごく清潔。

ドライバーの運転は安全運転で、エアコンの調整をわざわざしてくれる。ちょっと暑くなると強くしてくれるし、寒いと弱くしてくれる。この運ちゃん、かなりプロだと見た。。。フォーミュラの運転手だと言われても遜色なし。

目的地に到着。

さて、OLAタクシーには、メーターは付いていません。携帯電話がメーター代わり。一応料金設定があるのですが、目的地にならないと料金はわからない仕組み。目的地に着くと、すぐにSMSとメールがやってきます。メールの方は、かなり細かく詳細が。アプリでも、もちろん確認できます。

請求書

料金はなんとRs. 119。。。オートリクシャと同じレベル。メルーだったら、この2倍から3倍近くする。一番安いMicroだとは言え、なんだこの安さは。このドライバーの質からすれば、Rs. 300以上の価値はあると思っています。これはあまり自分なりに安すぎると思うので、Rs. 200を支払ってRs. 50だけお釣りをもらいました。

料金設定は良く確認すると3つあって、基本料金、距離、所要時間の3つを足したものみたいです。

数週間前自宅からOLAで空港へ行ったときも、今回ドライバーは今回乗ったほどレベルは高くありませんでしたがそれでも愛想は悪くなく、料金はワンランク上のMiniでRs. 300以下。メルーのほぼ半額。

支払い方法は、現金か、もしくはアプリでOLA Moneyと言う風に事前にクレジットカードで貯めておくシステム(SUICAみたいなもの)もできます。

それにしても、これだけ低料金で良いサービスを受けると、乗るのが申し訳ないと思ってしまいます。マージンはタクシー会社へ行くはずですし、本人に残るのはわずかなはずです。

今月3回(コルカタ1回、デリー2回)乗って、どれもすごく満足しているので、お勧めできると思います。

最後に、業務終了後、アプリでドライバーの評価を5段階でお願いされます。今日のドライバーは乗る前に5点満点の内平均評価が4.9だったので(乗る前にドライバー名と平均評価まで出てきます)、同じOLAの中でもかなり質の高いドライバーだったかと思います。僕も、もちろんこのBhupendra Singhさんへ5で評価しました。

この様な安くて質の高いサービスはどんどん増えて欲しいですね。旅行会社としては、普通の貸し切り車の需要が低くなるのであまりハッピーでは無いと思いますが、個人的にはこのような競合相手が出てくるとタクシー業界の質を高く努力しざるを得ないので、良いと思います。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/27

救いはホウ酸団子

あるすがすがしい土曜日の朝。

それは、一匹の比較的大きなゴキブリが玄関の前をウロウロしながら歩いていました。久しぶりのゴキです。かなり弱っていて、一発叩くとすぐに意識を失いました。ティッシュでくるんでそのままゴミ箱へ。

そしてトイレへ行くと。。。なんとトイレの床にゴキブリが10匹ぐらいいるではありませんか!サイズは、大小さまざま。まるで深夜に夜通しでパーティーしていた様子。

すぐさま、殺虫剤で全滅させました。既に、若干弱っていた様子。そのまま、ティッシュや新聞紙で掴めました。どれも、潰すと「ぐにゅ」ってなって白い液体が出てくる。。。卵かな(グロテスクですみません)。

退治しても次々に出てきます。どうやら、排水溝からはい上がって出てきた様子。排水溝に思いっきりスプレーを掛けました。

トイレから廊下に出てしまったゴキブリも数匹いて、こちらも幸い体が弱っていたのですぐに新聞紙で上から潰しました。

どれも弱っていたのは、家じゅうに置いてある日本製のホウ酸団子のおかげかと思います。トイレにも2つ置いてありますがどれも置いたのは半年以上前からのもので、とっくに「賞味期限」が過ぎているはずなのに、きっとまだ効果があるんですね。

やっと20匹ぐらい退治してひと段落しましたが、とりあえず台所にはいないだけホッとしました(油断はできませんが)。ホウ酸団子は本当に効き目が強く、ゴキブリが発生しやすい時期(もうすぐです)になると去年も台所で何匹も干からびていました。ホウ酸団子は、体の水分を蒸発させる効果があるらしく、それで体が弱るとのことらしいです。ちょっと残酷な感じもしますが、ゴキブリホイホイはきりが無いし、ホウ酸団子のおかげで去年はほぼ全滅してくれました。

昨日までは一匹も見なかったのに急に今朝何十匹ペースで現れたゴキ。恐るべしゴキブリパワーです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/26

オーストリア航空のリスケ:変更せねば

楽しみにしているオーストリア航空ビジネスクラスで日本へ帰る5月の一時帰国。

が、機材メンテの関係で、毎日運航のはずのウィーン⇔成田が週6便へ減便。そして、運悪くその減便された日の搭乗予定だったので、予約はキャンセルされ、翌日のウィーン発のフライトへ振り替わっていました。

遠回り経由でただでさえ日本滞在が短いのに、無駄にもう1日ウィーンで足止めとなるとかなりきついです。現地の観光にもあまり興味なく、とにかく早く日本へ着きたい(←と言いながらも、元の計画だと実際デリー出発してから成田着くまで4泊5日かかるというのですが、早く直行便で帰れと言う話ですな)。

オーストリア航空に連絡をしたら、他の航空会社へ振り替えしてくれるかもしれないとの事。オプションは、カイロからコペンハーゲンまでエジプト航空、コペンハーゲンから成田へスカンジナビア航空で行くというルート。これだと、逆に元の予定より1日以上早く日本に到着する事ができるので助かります。スカンジナビア航空は去年からビジネスクラスを一新し、かなり快適なゆったりとした横1-2-1配列のビジネスクラスシートを導入しました。機内食も力を入れ、オーストリア航空ほど豪勢では無さそうですがシンプルな質の高そうな北欧の食事が楽しめそうです。インテリもお洒落。これだと、逆に行きスカンジナビア航空、帰りオーストリア航空と2社乗る事ができてそれぞれ比較できるので、嬉しい。

かなりよさげなスカンジナビア航空のビジネスクラス※

※写真はスカンジナビア航空の公式サイトから

でも、あくまでこれが可能かどうかは航空会社の担当者が実際に本部と相談しなければいけないという事。今返答待ち。

万が一、他社便への振り替えができない場合には、1泊余分に過ごしたくないのでオーストリア航空のチケットは全額返金してもらい、代わりに往復ドバイ経由のエミレーツ航空で帰る予定です。

ただ、エミレーツは決して価格の安い航空会社では無く、同じ料金でも片道エコノミーになってしまいます(オーストリアだと往復ビジネス)。ビジネスクラスはフルフラットでは無く、座席配列も標準レベルで窓際座っても通路側に座っている人を跨がなければなりませんが、エミレーツは僕が中学・高校時代とてもはまっていた航空会社で、当時は大ファンでした。もう既に30回以上乗っていますが、13年前から乗る機会が無いので、料金は高いけど成長したエミレーツを体験するという意味では楽しみがあります。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/25

最近の贅沢な家庭料理

最近、普段よりお世話になっているKさんとBさんに贅沢なご馳走を頂いております。Kさん宅の懐石料理並みのすべて日本からの材料(野菜を含む)を使った贅沢なコースメニューと、Bさん宅での日本の牛、豚、ハマグリを使用したバーベキュー、そして日本から各種良いお酒など、とにかく自分の格には合っていない程の贅沢な食事をさせて頂いております。

言葉より、写真が説明してくれるかと思います。

Kさん宅定番のお品書き

スタート

この時点で飛行機で例えるとビジネスクラスを越えてファーストクラスレベル。

明太子と菜の花辛し和え

明太子アップ

刺身盛り合わせ

左横にあるのはしめ鯖です。

豆腐のしめじあんかけ

長いもとろろと春玉ねぎのスライス

インドと日本の玉ねぎ、全然違います!日本の玉ねぎの方が色が透明であまり苦くない。生でも食べやすい。

青菜とピーマンの中華風炒め

ちょっと日本酒も一緒にご馳走になりました。

カキフライと日本のキャベツ!

そして一番感動したのはこれ↓

和牛ステーキ!(&ジャパニーズ・ネギ!)

Wagyu Beefは世界的な有名ブランドになりましたが、口の中でとろけるって嘘じゃありません。恐らく。。。人生の中で初めてかも!(日本にあまり長く住んでいないもので。。。)

〆は五目寿司と茶碗蒸し。

茶碗蒸しと五目寿司

Kさん宅の夕食は毎回バラエティーの多さに感動します。しかも。。。これらすべてお手伝いさんが作られるというのが驚きです。

今日は昼間Bさん宅でバーベキュー・パーティー。Kさんも参加です。Kさんにはご夫婦で凄くお世話になり、もう来月は本帰国でちょっと寂しい。今年は色々な知り合い・友人が本帰国されてしまいます。

メニューは:

○ソムタム(これは僕の自慢の一品です、エッヘン!)
○海苔巻き&稲荷ずし
○鰹のたたき
○BBQ各種:大和屋の手羽先(ジューシーで美味しい!)、日本からの牛肉、お餅の豚スライス巻、ハマグリのお酒焼き、野菜はマッシュルーム・ズッキーニ・ジャガイモの塩焼き
○自家製プリン

ソムタム以外はすべてBさんの腕前。

残念ながら酒が回ってしまい、写真を撮っている暇はありませんでしたがどれも最高に美味しく、インドのレストラン(日本食を含む)では決して食べれる事の出来ないようなばかりで新鮮でした(特に牛肉!)。

BBQを焼いているBさんとうちの同僚

前菜盛り合わせ

日本から持ってきた貴重な食材を頂いてしまい、感動ものです。どれも、インドで手に入る事はほぼできませんから。

インドで暮らす日本人は一部を除き、ほとんどが期間限定の滞在です。必ず、別れがありますが、日本と言う皆さまは拠点を持っていらっしゃるので、寂しいですが「日本帰った時には会おうと思えば会える!」と思うと、それはそれで逆に楽しみになります。

Bさんは5年以上もインド駐在を経験されました。この国で会社の責任を背負って仕事をするというのは容易ではありません。本当に、お疲れ様でした!

終わりに。。。Bさんの最近ゴアで購入されたというTシャツ。よ~く見て下さい。Googleだと思ったらGoagle。かなり笑えますw。これ日本で来たら人気者になれると思う(笑)。

「Goagle」Tシャツ
 

☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/24

タージマハールがこんなに美しかったとは

デリー、アグラ、バラナシ等、北インドの平野地帯を旅行するのであれば、青空が綺麗な2月~3月が一番です。

この地域は、4月~6月は暑すぎる上に若干熱で大気が霞んでしまい、雨季の7月~9月は晴れていれば良いですがじめじめして雲が多い、そして10月以降は気温は涼しくて良いですが、霧が出てきやすく、場合によっては辺りが真っ白であまりくっきり見えない場合がある。

今週初頭、お客様との同行でアグラへ。今回は初「満月のタージ」にも参加し、感動しました。真っ青な空と白く輝くタージ。今まで何回もアグラへ行きましたが、今回が一番良い時期でした。

まずは、タージマハールを川の反対側から眺められる公園、メータブバーグから。ここは、タージマハールが土台の上に載っているのが良く判り、正面からでは見えない部分まで見えます。

メータブ・バーグ

ちなみに、霧の濃い12月末に行ったときはこんな感じ。

12月末の同じ時間帯に同じ携帯カメラで撮影した景色

↑幻想的と言えば幻想的ですが、やっぱり青空の中で訪問すると気分を明るくさせてくれます。

翌朝は、タージマハールを正面から。

タージマハールの入口

タージマハール

この青さ、半端ない。これでも安い携帯カメラで撮影したもので、一眼レフカメラを持っていったらどんなに映りが良かったか。

タージマハール

タージマハール

一番驚いたのは、普段濁っているどぶ川であるはずのヤムナ川がなんと青かった!空の色に負けていました。

ヤムナ川

ヤムナ川

離れたアグラ城からも、くっきりタージマハールが見えました。真冬や雨季の時期にはなかなか姿を現しません。

アグラ城から眺めるタージ

アグラ城から眺めるタージ

もし、北インド旅行の平野地帯をされるなら、是非2月~3月がお勧めです。ちょうど新緑の時期でもあるので、緑が鮮やかでもあります。

☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

過激派の目的は憎しみと恐怖心を倍増させること

ついにベルギーにまでこのテロの波は押し寄せてきました。とても残念です。罪の無い一般市民が標的にされました。

最近、僕の周りにも、イスラム教=暴力の宗教と勘違いをしているっぽい人達が増えたと思います。特にISやアル・カイダの影響で、イスラムの宗教が非常に誤解される様になった事は残念です。でも、どうやらこれらイスラム教過激派は作戦が成功している様です。

IS(決して「イスラム国」とは呼びたくありません)は妬みや憎しみから生まれた組織です。これは本当の意味で「悪」の組織と言っても過言では無いでしょう。宗教の名前をハイジャックし、色々な場所で無差別殺戮を繰り返す。彼ら同士でさえ、ちょっとでも組織の反する事をすれば処刑される。真のイスラム教徒は決して彼らの行動を賛成しませんし、イスラム教徒とも思っていません。

でも、ISの影響はイラクやシリア、リビア、シナイ半島北部で活発化しています。これだけ嫌われているのにも関わらず、なぜ影響力が絶えないのでしょうか。それは、世界が彼らの目的にまんまと引っかかっているからです。その目的とは:

①イスラム教とイスラム以外の宗教(特に西洋のキリスト教やユダヤ教)の間に嫌悪感を作り上げ、お互いを憎しみに繋げる。

②徹底的に支配地域内を弾圧し、恐怖感を植え付ける。

①はすごく成功しているのではないでしょうか。特にイスラムとあまり縁の無い日本人はまんまと報道通りにはめられている気がします。「イスラムは恐ろしい」とか、「イスラムはガンだ」とかいうネットでのコメントや書き込みは結構全世界共通です。この様に普通に思える様になると、本当の罪のない紛争に巻き込まれた貧しくて助けを必要としているイスラム教徒に対しても同感できなくなってしまい、彼らは取り残され、世界から見放されてしまいます。見放されてしまった一般市民は次第に世の中へ対しての不公平感がやがて憎しみへと変えていきます。それが、悪循環となって、テロリストになって、どんどん壁ができてしまい、過激派グループの誕生に繋がる訳です。

そして、世界的に恐怖感が生まれてしまえば、過激派たちも「やった!」と思うでしょう。それが力になって地域的に影響力が増し、②に繋がる訳です。

彼ら(ISやアルカイダ)の誕生も、元はと言えばアメリカを中心とする西洋諸国の一方的な軍事介入が原因です。2003年のイラク軍事侵攻の際、ただでさえ経済制裁で多くの子供たちが栄養失調で亡くなっていた状況の中、そこに戦争まで仕掛けて爆弾を落としていきました。もし自分がそこにいて、家族が殺されれば、自ら希望してISに入っていたかもしれない。

人間、最初から「悪」ってのはありえず、どこかで憎しみの感情が生まれて「悪」へ変わっていきます。歴史的に見ると、中東の混乱と言うのはイラクにしろ、パレスチナにしろ、アフガニスタンにしろ背景にはアメリカを中心とした西側諸国の直接もしくは間接的介入で弾圧された人々がいます。

欧米諸国では無い日本は、実はイスラム諸国ではすごく尊敬されている傾向が強いです。これは、日本人とってはすごくプラス。だから、日本も欧米に肩を並べて「イスラムは野蛮」とか思わないでほしい。日本もテロ警戒とか言っていますが、過激派でも日本を攻撃する事は、例え宣言をしていてもまず無い。ベルギーやフランスで起こった様な出来事は日本では起こりません。

ただ、日本政府の出方によって、彼らへ憎しみを増す様な事(例えば、イラク戦争の時にアメリカを応援する、等)がまたあれば、必ず日本も標的にされるでしょう。少なくても中東外交も大切にする安倍さんであればその様な心配が無いと思っています。

ちょっと過激派をかばう様な文章になってしまいましたが、すべて理由がある訳です。日本も、イスラムを決して敵に回さず、恐怖心で壁を作り上げるのでは無く「どうしてこうなったの?」と言う心で彼らに接してあげるのがベストです。そうすれば、ISの様な過激派も力を弱める事ができるでしょう。

僕は涙が出る程世界中でイスラム教徒のおもてなし精神にお世話になり、よくしてもらいました。この様な彼らに向かってイラク戦争の様に爆弾の攻撃が行ったりするのは、断固として許せません。

昨日の事件で恐怖心や嫌悪感を増すのでは過激派の思う壺にはまるだけで、逆にもっと理解を深めていく事が今肝心です。

一般のイスラム教徒だってイスラムのイメージを傷つけるISに振り回されている訳ですから。

シナイ半島の子供たち
 

☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/21

デリーはマンゴーの季節に入る

先週頃から僕の生命を支えているINAマーケットでマンゴーが売り出されました。これから半年間、マンゴーがたらふく食べられます(笑)。

売り始めなのであまり熟れていないと思い、先週は買いませんでしたが今日は熟したのがあったので、試しに買ってみました。

今売っているのはサフェーダともう一つ、形が小さくてちょっと赤っぽいやつ(形からアルフォンソかもしれない)。このアルフォンソっぽいやつを2つ買ってみました。料金は、一キロRs. 200。まだ安くはないです。

家に買って食べたら、砂糖の塊?と思うぐらい甘く熟していました。

これなら合格です。マンゴーの時期は毎週沢山買いだめして毎日必ず切ります。これからマンゴーへお金がどんどん使われてきます(笑)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/19

エアインディアのカレーはうまい

最近はマイル貯蓄のためにエアインディアを頻繁に乗っています。

先週は3日間連続でコルカタ→デリー→チェンナイ→デリーと3回乗りました。大好きな飛行機ですが、ここまでぶっ続けに乗ると最後の方は正直どうでも良くなります。。。なんでも、ほどほどが大切ですね。

エアインディア、特別に好きな航空会社では無く、国際線ではあまり乗りたいと正直思いませんが、決して「悪い」航空会社ではありません。最近はおばちゃんクルーもいなくなり、若いクルーが多くなりました。

毎回エアインディアに乗ると、楽しみがあります:それは機内食。エアインディアのカレーは結構うまいと思います。ジェットのカレーもうまいと思いますが、エコノミーでもかなりの良い味を出していると思います。

エアインディアの夕食

エアインディアの夕食
 
エアインディアの夕食

国内線の機内食では間違えなく豪華さはナンバー1です。2時間程度のフライトですと、エコノミーでも国際線並みの機内食を提供します。このカレーは毎回バラエティーがあり、いわゆる「機内食」と言うよりもレストラン並みのクオリティーで、「レンジでチン」の味では無く、新鮮さがあります。正直洗練はされていませんが、良い味を出していて大体はずれがありません。カレーと一緒に、必ずデザート(大体インドの甘いお菓子)やサラダもしくはヨーグルト、パン、そしてバターまで付きます。そして、ベジかノンベジの2種類を選べます。

ただ、この様な充実した機内食は全路線で提供されている訳でなく、1時間台の短距離路線や、昼食と夕食以外の時間帯はスナックが提供されます。例えば、2時間ぐらいのフライトだと、この様↓なスナックが出されます。こちらも昼食や夕食程ではありませんが、ボリュームがあり、ベジかノンベジを選べます。この前出されたノンベジのチキンティッカはジューシーでかなりレストラン並みのレベルです。スナックなのでご飯やカレーは出なく、代わりにコロッケやパイ等がメインになります。また、午前の早い時間帯には朝食が提供されます(これは最近この時間帯に乗っていないので味は分かりません)。

エアインディアのスナック

さて、どうやって昼食・夕食が提供する時間帯を見分けるか。僕の経験からすると以下の通り:

○フライト時間は2時間以上
○昼食は14:00前後をまたぐ
○夕食は20:00前後をまたぐ

インドは昼食も夕食も遅いです。例えば、11時発13時着はスナックの可能性が高いです。

先日乗ったデリー→チェンナイはデリーを17:20発、チェンナイ20:00着でしたが、夕食では無くスナックでした。逆に、帰りの21:10発、23:45着のフライトはがっつり夕食でした。

皆さんもエアインディアのカレーはどう思いますか?


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2016/03/17

日本人限定(現時点)のビザ・オン・アライバル

2016年3月1日から日本国籍保持者限定で、インドの主要空港で事前にビザ申請無しに空港で取得できるようになりました。

条件は以下の通り:

<取得可能な空港>
デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、ベンガルール、ハイデラバード

<訪問目的>
観光、ビジネス、医療、カンフェレンス

<インド滞在期間>
1ヶ月

ビザ・オン・アライバルは実は2010年代初頭から2014年11月まで日本国籍を含む14ヶ国の国籍へ実施していましたが、Eツーリストビザ(インターネットで種類申請して後から空港でビザをもらうシステム)に切り替わってからそのシステムは廃止されました。

このEツーリストビザはインターネット上で申請しなければいけなくなり、パソコンに不慣れであれば致命的でその場合はわざわざインドビザセンターへ行って取得しなければなりませんでした。

このビザ・オン・アライバル復活により、インターネットで事前申請をしなくても良ければビザセンターへ行く必要もありません。

更に、今回のビザが凄いのはビジネス目的でも大丈夫!以前のビザ・オン・アライバルは観光目的だけで万が一仕事で来ていると係官に探られればその場で強制送還させられていた例もありましたが、もうその心配は無い訳です。

先日、ちょうど出張帰りの到着便が国際線ターミナルだったので、そのビザ・オン・アライバル専用のカウンターに興味があり見てみました。また、到着が深夜でANA便が到着したばかりの時間帯だったので、ちゃんとカウンターが空いているかチェックできる!場所はエスカレーターを降りた後、イミグレカウンターが並ぶところの一番奥に位置します。

すると。

ちゃん区切られていて、椅子まで並んでいる!隣のEツーリストビザカウンターは狭いスペースの中すごい行列で扱いが正反対!ビザ・オン・アライバルは広々した空間の中日本人だと思われる方々が3人ぐらいいました。カウンターも沢山(でもオープンしているのは1箇所ぐらい)。まさか日本人だけにここまでの空間を使用するとも思えないので、恐らく今後他の国籍にも適応され始めるのだと思います(インド政府によると、次は韓国国籍保持者へのビザ・オン・アライバルを検討している様です)。

デリー空港のビザ・オン・アライバルコーナー

それまでは。。。日本人はかなり特別優遇感ありますね!

ちなみに、従来通り、Eツーリストビザを申請する方法もできれば(あまり意味ないですが)、一番確実なのは日本のビザセンターでしっかり取得する事ですね。インドまでビザ無しで来て、いちゃもん付けられてビザが下りなくて入国できない、という可能性は否定できませんから(例えば、パスポートに沢山パキスタン出入国スタンプがある、等)。。。

参考記事はこちら(英語)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

空気清浄機を片付ける季節

11月、12月、1月とフル稼働に使用していた自宅の空気清浄機も、2月に入ってからデリーの空気が大分良くなった事から、ずっと使用していませんでした。今日はついに屋上の物置へ。

最近、空が青くて綺麗ですね。

北インド(デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプール等)を旅行するなら灰色の秋・冬よりも青色の春です!

爽やかな自宅付近の現在

次に空気清浄機にお世話になるのは11月頃ですね。

どうでもいいけど、先日行ったハードロックカフェのスイーツ、ブラウニーのサンデー。チョコレートブラウニーの上にアイスクリームとたっぷりのウィップクリーム。ボリュームたっぷりでうまかった。カロリーめちゃ高です(笑)。

ハードロックカフェのブラウニー・サンデー
 

☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村