2016/10/31

飛行機贅沢旅行はしばらくお預け

来年の予定が決まりました。

来月12月に予定していたエジプト航空の安い南アフリカ行きのビジネスクラスチケットはまたもやキャンセルしました。トランジットの乗り継ぎのロスがあって、南アの友人もその時は予定が入っていて会えない、そしてマイルはかなり貯まるけど実際そんなに興味のある航空会社でも無い、など色々考慮すると、それで休みを取るのは勿体なくなってしまい、この様な結果に。既に先月のカタール航空のビジネス・ファースト旅行もキャンセルをしているので、キャンセル料だけでかなりの出費となってしまいました(泣)。

今回の勉強代は:

いくら短期的に安い魅力的な航空券があっても、突発で購入せず、よく考えてから購入する事!期限が迫っているのであれば購入しない!

このキャンセルした2つの航空券は期間限定のセールだったこともあり、あまり深く考えずにそのまま購入!何事も、欲に負けてはいけませんね(笑)。

来年のメインイベントは一時帰国では無く、南アフリカへ行きます。フェイスブックのお陰で中学時代の同級生と20年ぶりの再会がする事ができ、他にも南アには数名中学・高校時代の友人が住んでいます。

今回はエチオピア航空のエコノミーを利用してケープタウン・インのヨハネスブルグ・アウト。途中、ケープタウンからヨハネスまではPremier Classeという、お手頃価格のなんちゃって豪華寝台列車で行きます。真の豪華列車は歴史あるブルートレインですが、こちらはとてもじゃないけど手が出ません!ちなみに、日本でも同じ呼称の寝台列車が活躍しましたが、発祥は南アフリカ。しかも紺色にクリーム色と金色のラインを入れた車体は外観のデザインまでパクリじゃない??

エチオピア航空のB787@アジスアベバ空港
※日系以外では世界で一番最初にドリームライナーを運行させた

南ア休暇後の休みを日本で過ごそうかと思いましたが、今度は高校時代の友人がアリゾナからインドに遊びに来て北東部のアルナーチャル・プラデーシュを周遊する事に。

シアン川に掛かる竹だけでできた吊り橋

それぞれそれなりの出費が見込める事で、普段だったらビジネス・ファースト旅へ回すところを「陸」での旅行代として活用します。

金が掛かる趣味は大変です。。。

その反面、昔の友人と遊べるのは楽しみですね♪


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ

2016/10/16

サービス向上意欲たっぷりのインド

最近、インドではどのサービス業者も結構フィードバックを求められます。

例としては:

<飛行機会社>
〇インディゴはフライト利用後にSMSに返信を求める感じでフィードバックを求める。
〇ゴーエアやエアインディアはEメールでやってくる。

<ホテル>
〇タージやオべロイ、ITC等の主要インド系の5つ星ホテルはEメールでフィードバック依頼のメールがやってくる。逆に、外資系のホテル程あまりこういう事は無いかな。

<携帯サービスプロバイダー>
〇VodafoneのSIMの変更など店頭で行った後、SMSでサービスがどれぐらい良かったか聞いてくる。更に、電話でもやってきてもうSMSで返答しているのにうざい!

<銀行>
〇たかが銀行へ窓口で現金を預けに行くだけで、後ほど銀行のコールセンターから電話が掛かってきて従業員の評価を求められる。2回ぐらい繰り返しで聞かれることがあり、もう返信した!のにまた違う担当者から掛かってくる。

<タクシー>
〇OlaやUber。Uberは全世界システムが共通かと思われるのでインドに限った事ではないが、こちらは必ず利用後にドライバーを5段階の☆で入力しなければ、次回タクシーを利用できないシステム。Olaの場合、4☆以下の評価の場合は理由をわざわざ入力しなければいけない。だから、タクシー運ちゃんも非常に評価を気にするため、大抵はサービスも良い。

<レストラン>
〇請求書を依頼する時にフィードバックフォームが付いてくる事が多いです。場合によっては、iPadでやってくる事も!

等々。

こちらも旅行会社経営している身として、フィードバックはとても欲しいし必ずお客様に旅行後にお願いしているので、重要性はとても解る。うちのインド各地に点在する協力会社もお客様は満足できた?とよく連絡が来るし、向こうもとても興味があるので、こちらとしてもなるべくお客様が細かくフィードバックを書いて頂いた方が嬉しい。

でも、このフィードバック、電話でしつこくやってくるとキレそうです(笑)。日曜の昼寝時とかに掛かってきたりすると気分悪い。ここは、ほどほどに、そして電話で聞くもんじゃないですね。ヒンディー語で捲くし立てられると躊躇します。

全体的には良い事です。昔にはあまり無かった、サービス向上への精神が芽生えてきて、この意欲が客の満足度を高めていきます。ちょっとしつこい場合もあるけど、この意気込みはこれからも続けていってほしいですね。

お陰で、この前携帯無くしてSIMカードの変更手続きも非常にスムーズで担当者の対応も良かったですし、航空会社もあの政府系のエアインディアでさえ昔の様な従業員のきつさは大分薄くなってきました(遅延して謝るとか!)。

明らかに住みやすい社会に進化している様です^^。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ

2016/10/11

オートリクシャで携帯電話を忘れたら。。。

ブログの更新大変怠っています。更新坊主になってしまった様です。。。

昨日、自宅からメトロ駅行く際にオートリクシャを利用しました。ぼぉーっとしていたのか、リクシャを降りてすぐにいつもポケットに入っているはずの携帯電話が無い事に気づいた。まさか、リクシャ内で落とした?いや、今まで何回もリクシャやタクシーや乗り物乗っていても、携帯を落とすという事は無いからきっと家に忘れたか。

手提げかばんにも携帯が無いので、また違うオートに乗って引き返しました。きっと自宅にあるだろう、うん。

ところが、家に帰っても固定電話から携帯を鳴らしてもどこからも音が聞こえません。これはまさか本気でリクシャのシートのところで落としたか?

僕の携帯はパスワード設定が無く、誰でも見れてしまいます。スカイプ、ライン、ワッツアップは常にONの状態。

まずは、携帯電話会社に電話をしてSIMをブロックしてもらいました。Vodafoneを利用していますが、電話をしたら30分以内にブロックしてくれる事。

これとは別に、会社のメール、個人メールとスカイプのパスワードを変更しました。ワッツアップはSIMがブロックがかかると使えないみたいので安心。問題はライン。。。パスワード設定をしていなく、SIMにブロックが掛かっても使えなくなるのか?

とりあえず、新しいSIMを申請しにSouth ExtensionのVodafone Shopへ。親切に対応してくれ、すぐに新しいSIMを貰いました。電話番号は一緒で2時間後には使用できるとの事。こう、ちゃきちゃき進めることに感謝です。インドも便利になりましたよ。。。

次は機種。本体が無ければ、新しいのを購入しなければなりません。近くのインドのヨドバシカメラ(と勝手に付けましたが)であるCromaで携帯探し。ここはタタ財閥運営の店なので、商品に安心感があります。ちょっと怪しいところで購入すると、本当に長持ちするか不安ですからね。実にネループレイスのちゃんとエアコンの効いたとある割引ショップで、パソコンを購入したことがありますが2年ぐらいしか持ちが無く、電化製品は信頼できる場所で購入する事にしています。(まぁ、単なる自分の使用方法がいけないのかもしれませんが。)

HTCの結構よさげのスマホがRs. 13,500で販売していたのでこれを購入する事に。今までWindows Phoneを使用していましたが、使いやすいのにあまり一般的では無いためWindows Phoneに対応できないアプリも多くあり、少々不便になってしまいました。今回はアンドロイドを購入。

さて、この後ハプニングが。同僚と食事をしている時に、同僚の携帯に僕からラインメッセージが。この時点ではまだ新しいSIMがアクティベートしていないので、オンタイムでメッセージは送れていないはず。よく読むと、なんと知らない人から「あなたの友人の携帯拾ったよ」とあり、「ここの電話番号にかけて」と連絡が!

同僚の電話を借りて、すぐに番号へ掛けました。つか、やはりラインは使用できてしまうんだな、SIMをブロックしても!

電話を出た相手は英語も上手で教養があり、どうやらリクシャの運ちゃんとは関係なさそう。話に聞くと、オートの座席にあったので拾って預かったとの事。やるぞ、アカーシ君(彼の名前)。

とりあえず、食事後アカーシ君指定でサケットのモールに来てくれとの事。ありがたい!本当に神を見た気分とはこの事。

同僚にも来てもらい、とりあえずモールに。指定の場所でアカーシ君は居ました。まだ大学生ぐらいかな。友達3人組で来て、とりあえず僕の携帯電話を手渡してくれました!

彼らから、「一緒に飲もうよ」と言われましたが、一緒にお付き合いするとこちらが全額払えざるを得ないのと夜も遅かったので、失礼させてもらいました。お礼に、Rs. 500を渡して。。。まさか3人来ると思わなかったので、Rs. 500じゃちょっと少なかったかな、とか思いながら。笑顔でお別れさせてもらいました。

親切な人に拾ってもらい、本当に感謝です。これ、もしギャングとかだったら逆に悪用できますからね。コンタクトも全員入っているし、幾らでも金を要求して悪さができます。新しい携帯は買ってしまいましたが、返ってきて嬉しい!やはり、重要な情報が入っているというのはでかいです。

という訳で今回のレッスン:

①携帯電話はできるだけポケットに入れない!

②携帯電話は常にパスワード設定にして自分以外使用できないようにする!

インドで何かものを紛失したらまず戻ってこないだろう、と思っていましたが、どこにでも親切な人はいるものですね。。。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ