2017/10/23

次の飛行機旅行はイランへ!

12月に母親がインドへ遊びに来る事に。今度は初のちゃんとした親孝行でもしてあげようかと思い、旅行へ連れて行くことにしました。中東好きなので、まだお互い訪れた事の無いイランへ!

インドからイランって結構距離は近い割には、遠く感じます。最近はデリー在住者が多く訪れ、皆凄く良かったと絶賛されているので、これはとても行きたくなりました。

航空券も安いです。デリーからマーハーン航空というイランの航空会社が週4便運航し、フライト時間も片道3時間半ぐらい。

ムンバイからも国営イラン航空が週2便運航しています。

でも、これらイラン系の航空会社は、経済制裁のためにいわゆる万国共通の飛行機予約システムには反映されません。なので、チケット予約サイト等のインターネットでは普通に購入する事ができません。航空会社の支店で直接か、旅行代理店を通さなければいけない。ちなみに、僕が運営するH2トラベルズでは、マーハーン航空に限り手配が可能です。ちょっと宣伝してしまいますが、料金は以下の通り:

デリー→テヘラン(イマーム・ホメイニ国際空港)
水土 W5 70 デリー(03:00発)→テヘラン(05:15着)
木日 W5 70 デリー(04:30発)→テヘラン(06:45着)

テヘラン(イマーム・ホメイニ国際空港)→デリー
火金 W5 71 テヘラン(20:10発)→デリー(翌01:40着)
水土 W5 71 テヘラン(21:40発)→デリー(翌03:30着)

エコノミー料金(往復・総額):Rs. 28,300~
ビジネスクラス料金(往復・総額):Rs. 50,200~

さて、イランの航空会社は、飛行機マニアの心をくすぐります(これも理由の一つで、訪問場所をイランにしたのですが)。

経済制裁のために、長年新型航空機をヨーロッパやアメリカから購入事ができず、近年になってやってそれが解禁されました。飛行機の平均年齢が25年~35年と他の世界でほとんど見る事ができないビンテージ機材ばかりが運航され、かなり整備もしっかりされている様です。

唯一のエアライン仲間の慶史君も近年、イランへクラシック機材を乗るための飛行機ツアーを日本から2回も実施しています。それほど、価値がある。実際の日本語での体験談はこちら。

現在イランでのみ搭乗可能な4機種

機材は古いけど、イラン系の航空会社はサービスはしっかりしているらしく、機内も清潔に保たれているとか。母親も気づいたら高齢になってしまっているので、清水の舞台から飛び降りた気分で往復ビジネスクラスを手配しました。

ちなみに、デリー路線に使用されている機材はA310。機材年齢は約27年!A310なんて、最後に乗ったのは2000年の夏にシンガポール航空で乗った以来の実に17年ぶり!

マーハーン航空A310機
※KN Aviationより引用

慶史君によるマーハーン航空イラン国内線ビジネスクラスの搭乗記はこちら。たった1時間のフライトなのに機内食がかなり美味しそうです^^。

Flight Report: Mahan Air 747-300 from Mashad to Tehran in Business Class

とりあえず航空券は買ったけど次はイラン国内旅行の計画プランを。4日間の滞在予定で、とりあえずヤズドは絶対行きたい場所に決定し、後はイスファハーンを追加するかしないか迷っているところ。イスファハーンのモスクはやはり言っておいた方が良いですかね?「イランのタージマハール」と言ったところでしょうか。

イランでは航空券と同様でネットでホテル予約ができない(国際クレジットカードの決済ができず、地元のデビットカードのみ)ので、すべて一括で現地旅行会社を利用しなければ不便です。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。パキスタン航空の成田ーイスラマバード間の機材はA310だったと思います。新しい機材に注目しがちでしたが、古い機材は貴重だと思うと搭乗するのが楽しくなりますね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!PIAも数少ないA310を運航する航空会社でしたね。昔はエミレーツで良く搭乗していたので、とても思い出深い機材です^^。

      削除