2017/12/31

タイ国際航空B777-200ERエコノミークラス搭乗記:デリー→バンコク

航空会社:タイ国際航空
便名:TG 324
フライト区間:デリー→バンコク
フライト利用日:2017年12月21日(木)
予定出発時刻:11:10発
実際の出発時刻:11:15発
予定到着時刻:16:40着
実際の到着時刻:16:53着
時刻表上のフライト時間:4時間0分
実際のフライト時間:4時間8分
機種:ボーイング777-200ER
利用クラス:エコノミー
座席番号:32A
機材番号:HS-TJU
機材導入日:2006年12月12日

89歳の祖母が他界し、急遽葬式のために緊急帰国する事になりました。イランから戻ってきてまだ1週間たらず。

年末の休暇時に近いため、どのオプションもとても高価でした。直行便は8万ルピー前後(最安値は3万ルピー台で行ける)で、唯一高すぎないオプションはタイ国際航空(以下TG)のバンコク経由。ちょうどバンコクのラウンジ巡りは夢だった事もあり、そしてスタアラで来年4月まであと2,000マイルちょい乗ればスタアラゴールドステータスを新たに2020年の4月まで延長できるため、とても最適でした。おばあちゃんの死でこんな事を考えるのはとんでもない!と怒られそうですが、僕が飛行機好きだった事は良く知っていたし、逆にこのチャンスを頂いたと自分では思っております。また、往路は安い料金はバンコクで長時間のトランジット(1泊必要)でもあったため、何だかラウンジ巡りのためにわざとこの機会をくれたのでは無いかと感じています。

面倒くさいチェックイン手続き!

スタッフの対応は凄く良かったのですが、面倒臭い事に!それは、オンラインチェックインをする時から始まりました。デリー便出発24時間前からオンラインチェックインは可能なのですが、その時チェックインが可能な便がデリー→バンコク区間のみ。バンコクで約15時間のトランジット時間があり、その後の成田行きはチェックインができませんでした。別々に、バンコク→成田便は同じく出発24時間前にオンラインチェックインを済ます。空港では、チェックインがばらばらのため、受託荷物はスルーで成田までできないと言われました。そんな馬鹿な!その場で、成田便のオンラインチェックインを取り消してくれと言われ、スマホから言われた通りにしました。そうしたら、無事に荷物はスルーでして、成田便の搭乗券の発行は無理だと言われ、再度その場でオンラインチェックイン。チェックインでは担当者と上司両方が居て、単なる慣れていないのか、実際に面倒くさいのか判りませんがとにかくこんな事になるとは驚きでした。

エアインディアラウンジの個室でゆっくり

丁度先日夜遅くまで外出していた事もあり、睡眠があまり取れていなかったので早めに空港へ向かい、ここのベッドルームでくつろぐ事にしました。TGの指定ラウンジはプラザプレミアムラウンジだけど、同じスタアラのエアインディアラウンジが使用可能です。その他、同じ時間帯にはシンガポール航空のラウンジも利用可能ですが、激混みの印象なのでエアインディアラウンジが一番寛げる。

搭乗券

個室はこんな感じ。他社のエコノミー客(スタアラゴールド会員の場合)でも利用できるのはとても嬉しいです。ドアもあって閉まります。飲食の持ち込みもOK。バンコク空港で沢山食事をしようと思うので、ここでは割愛。ちなみに、このエアインディアラウンジの詳しいレポートはこちら

ベッドルーム

ベッドルームの前はファーストクラスラウンジ。ここはいつも誰も居なく、意味あるか?と思います。尤もファーストクラス搭載している機材が少ないからなのですがね。ファーストクラスとビジネスクラスラウンジはベッドルームのある裏で直結しています。

ファーストクラスラウンジ

ぐっすり休んだ後は、ゲートへ直行。ターミナル内はクリスマスモード。

デリー空港第3ターミナル

外は霧&スモッグが酷いです。この日のPM2.5値は非常に高かった。。。

停泊中のTG

ゆとりのある座席配列

現在、B777機のエコノミーは3-4-3配列が結構増えましたが、幸いアジア系ではゆったりした3-3-3配列のままが多くなっています。TGもその配置で。そのため、結構快適です。

エコノミー座席

シートピッチ

座席

リモートコントローラー

裏側は電話機能

この電話機能、使う人居るのだろうか。。。

シートポケット内の雑誌等

機材案内。。。種類多し

窓の外の景色

ヘッドフォン

美味しいオレンジジュース

TGでお勧めの飲み物はオレンジジュース!CHABAAというタイブランドの100%南国フルーツジュースで、種類は「Mandarin Orange」でした。日本語だと橘(たちばな)。濃厚で、これ美味いです。

ジュースとカシューナッツ

機内食はシーフードミール

今回は今までで初めて特別食を事前オーダーしました。理由?それは、インド便の多くの航空会社では、メインだけベジかノンベジを選べるのが多いけど前菜は大抵つまらないインド系ベジのみが多い。なので、いっそデリーからだと貴重なシーフードミールを選択してみました。これが正解!前菜はスモークサーモンとポテサラ、メインはほうれん草のパスタにいかやエビがたっぷり入ったクリームソース。パスタはちゃんとアルデンテでした。パンは嬉しいことにエコノミーでも温められて提供される!

シーフードミール

クリームソースのパスタ

スモークサーモンとポテトサラダ

デザートはインド系のミルク系。無難に美味しいですが、インド菓子に慣れていなく初めて食べる方には好みが真っ二つに分かれそう。

インド系ミルク菓子

そして、2度目のドリンクサービス。ジントニックをお願いしました。

ジントニックとミネラルウォーター

エジプト映画を堪能

映画の選択はそこそこあり、世界各国の映画がありました。珍しいエジプト映画を観ました。

エンターテインメント

エジプト映画の概要

快適なシート、美味しい機内食と気持ちの良いサービス、そしてエンターテインメントを楽しんでいるうちにすぐにバンコクに。TGのサービスは結構好みです。人生で初めて乗った航空会社もTGだったみたい(1986年)。「Smooth as Silk」というキャッチフレーズはTGにピッタリです。ベッタリしたサービスでは無いけど愛想は自然だし、あまり無理の無い感じ。

スワナプーム空港を上空から

着陸。

JALB777-200機

イスラエル航空B777-200機

エジプト航空B777-300ER機

TGが多く使用するCコンコース

あれ、メインターミナル通り過ぎて沖のパーキング。バス移動です。

バス移動

最後に一枚

日本の援助で建設されたスワナプーム空港!

知らなかったですが、ターミナルを歩いていたらこんな看板がありました。日本の援助で出来たんですね!こういうの見ると嬉しいです。

看板

スワナプーム空港では17:00頃から翌朝08:00までの約15時間滞在です。夢のバンコクの各スタアラ系航空会社でハシゴが叶います。おばあちゃん、ありがとう!

<タイ国際航空B777-200ERエコノミークラスの印象>
今回は4回ともすべて異なる機材なので、それぞれフィードバックします。B777-200ER機は3-3-3の配列で結構快適だし、サービスも良いし、飲み物や食事内容も申し訳無い。TGは安心感がたっぷりあります。独特の居心地の良さがあります。細かい事を申すとテレビスクリーンは旧式ですが、特に気になりません。TG、良いです。

【搭乗評価】
出発空港でのスタッフ対応(ラウンジを除く):☆☆☆☆
機内クルーの対応:☆☆☆☆☆
アメニティー・シートの設備:☆☆☆☆☆
シートの快適度:☆☆☆☆
機内食・飲み物のクオリティー:☆☆☆☆☆


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿