2017/12/16

イランの到着ビザ取得手続きから市内移動まで

イラン旅行前ちょっとビクビクしていたのがビザ。

デリーのイラン大使館で事前に取得しようかと思ったけど、今夏ここでビザ取得してイランを旅行した友人から最低2週間必要だと聞き、同行する母親は旅行開始日5日前までは日本に居たので、一緒に取得しなければ面倒くさい。ネットで読むとかなり到着ビザが簡単に取れる、と読んだので、この方法にしました。

イマームホメイニー国際空港に到着したら、順序は以下の通りです。

①旅行保険の取得:ちょっと保険会社の名前を忘れたけど、もし分からなければビザカウンターの係員に聞くと良いです。ここの事務所で、一人16米ドル(もしくは14ユーロ)を支払いました。受付通貨はユーロか米ドル。ここの女性係員の対応が凄くフレンドリーだった。イランの初印象が超良かったです。ちなみに、ネットで読むとイランをカバーしている国外保険でも結果的には通用しないでここで強制加入されるケースが多いとか。

②ビザ代の確認:近くのビザカウンターまで歩きます。ここで、カウンター前に居る担当者が国籍を確認し、小さな紙に金額を書いてくれ、これを隣の銀行で支払う様に命じられます。2017年12月時点で、日本国籍のビザ代は60ユーロか72米ドル。これでも他の国籍と比べると安い方みたい。

③銀行でビザ代の支払い:現金でユーロか米ドルを支払います。お釣りもあり。レシートを受け取ります。ちなみにここでイランリヤルへ両替しようとしたら無理だと言われました。両替は到着ロビーの銀行で行う事に。

④パスポートをビザカウンターへ預ける:レシートをビザカウンターへ持っていき、パスポートを預けます。後はひたすら待つ。パスポート以外の書類は必要無かったです。

⑤審査官とインタビュー:20分ぐらい待ったら、名前を呼ばれ、審査官が現れ、立ちながら色々質問されました。イランへの渡航目的は何か。イランに知り合いは居るか。ホテルの予約確認書はあるか。帰りのEチケットはあるか、等。ここで、帰りのEチケットはデリー空港のチェックインの際に返却されていないことに気づき、ちょっと焦りましたがOKでした。携帯していたスマホにもセーブしていなかったので、次回は絶対すぐに見せられるように保存しておこう。

⑥パスポート受領:更に10分ぐらいして、名前を呼ばれ、無事シールのビザがパスポートに貼られているのを確認しました。最初パスポートを預けた時は4人の中国人しか待ち人が居なかったのですが、パスポートを受領するときには20人ぐらいに増えていました。到着が30分遅れていたら、恐らくビザの発給まで1時間以上は余裕で待っていたと思います。ビザは30日間の有効でシングルエントリー。

ビザ

注意:イランへの入国記録があると次回アメリカへ渡航の際にビザを取得しなければならないので要注意。

⑦入国審査ここで大の注意事項。審査所は2箇所あり、到着フライトによって正しい場所が異なります。ターミナルの右側に到着した飛行機は右側の審査所、ターミナルの左側に到着した飛行機は左側の審査所になります。ビザカウンターはちょうど中央部にあるので、ビザ取得後注意が必要。最初間違った審査所へ行き、便名を聞かれ、違う事が判明しました。どうして?と思ったら、審査所より先の荷物のターンテーブルが別々に分かれていてもし間違った方へ万が一行ってしまったら、荷物を受け取る事が出来なくなってしまうという問題が。正しい方の入国審査では便名を聞かれなかったので、一応自分から搭乗券見せるか便名を伝えるかして確認した方が無難。ちなみに入国審査官が親切でイランへ歓迎してくれたのは嬉しかった。もう空港での経験からしてとても人の温かさに感動!

⑧税関:受託荷物を受け取った後は、X線に荷物を通します。長蛇の列でここで15分以上掛かったかな。

⑨両替:銀行があるのでそこで記入用紙に記入後、両替が可能。市内の両替所と比べてもあまりレートに違いはありませんでした。ここでも大変親切にしてくれた。。。

⑩市内への移動:テヘラン市内への移動手段はタクシーか、地下鉄かどちらか。地下鉄は現時点では06:30の始発から80分に一本しか運行していなく、最終も14:00台と不便。タクシーは、現時点では市内どこでも一律700,000リヤル(約17米ドル)と決まっていて、タクシースタンドの案内板に料金が記載されている。イランはインフレ率が高いのでどんどん高くなっていくと思う。タクシーはとても清潔だった。高速道路も快適で遠くに雪山も眺められて景色も良い。支払いは、目的地に着いてから。市内中心部まで渋滞の無い時間帯で30分ぐらいでした。

タクシーでテヘラン市内へ移動

思ったより、飛行機到着してからタクシーに乗るまで時間が掛かりました。全部で合計2時間ぐらい。これでもビザ取得の際はまだあまり混雑していない時だったので、混雑時には3時間ぐらい見ておいた方が良いかもしれません。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿