2018/02/23

インドとタイの生活比較話

インドに住む日本人(特に駐在員)にとって「タイは天国」と言われ、休みになるとバンコクへ飛ぶ方も多いです。

先ほど、インドでとてもお世話になった日系企業社長夫人とお話しする機会があり、2年前にグルガオンからスライドでバンコクへ旦那様が転勤になったのですが、さぞバンコクの生活がインドよりそれこそ「天国」だろうと想像していたら、そんな事が無いようでした。むしろ、インドでの生活の方が思い出深く、とても楽しかったとか。

色々興味深いポイントが沢山あったので纏めます。

----------------------------------------------------------------
〇バンコクは日本人人口が多すぎて、インドで出会った様な日本人同士の縁の深い付き合いが簡単ではない。恐らくインドというある意味ちょっと過酷な環境だから、日本人同士助け合って暮らす、という事が結構あったけど、バンコクはすべてが揃っているので、そんなにお互い助け合う必要もないのでちょっとドライな人間関係になる。
----------------------------------------------------------------
→このポイントは理解できます。タイだけは無く、日本に帰国された方から話に伺うと、インドで知り合った日本人とは良い思い出があって絆が強く、今でもよくインド時代の仲間と会う、というのが結構多い。以前にも書きましたが、インドは何処か人間関係を深くしてくれる何かがあると思います。現に僕の最も親しい友人はインドで知り合ったのばかり(まぁ、人生の半分をここで過ごしていれば自動的にそうなるか。。。)。

----------------------------------------------------------------
〇タイで国内旅行をしたいと思わない。インドで色々なところを旅して刺激をもらったので、もうあの様な満足感はタイでは期待できない。特に、良いホテルのサービスはインドには敵わない。
----------------------------------------------------------------
→こちらの奥様はインドでうちを利用頂いて色々な場所を旅行されました。宮殿ホテルはほぼ全土制覇され、山岳のラグジャリーリゾート等、インドのトップクラスのホテルは良く知っておられる。タイの方がホテルのサービスが良いと思われがちだけど、インドは「本当の金持ち相手の待遇」をよく知っている。さすが大国で、貧困の陰には昔から大富豪も多く暮らすインド。一般のホテルならタイの方が全然コスパ高いけど、タージやオベロイ等の歴史あるインド系列のラグジャリーホテルのサービスは世界トップクラスだと思う。これは、以前に他の日系企業社長も同じ事を述べており、インドの前はシンガポールに住まれていたけど、いくら豊かな国シンガポールでもインドの高級ホテルのサービスレベルには敵わない、という事を申していたのは興味深かったです。

----------------------------------------------------------------
〇タイは食事に付いてはそんなにグルメでは無い。屋台料理で十分に美味しいのもあり、高級レストランへ行っても違いが無い上に、タイ料理以外になると(西洋料理等)値段が高いだけで洗練されていない。これなら、インドのフレンチ(例:タージパレスホテル内のオリエントエキスプレス)の方が味もサービスも満足。
----------------------------------------------------------------
→なるほど。確かにタイは普通に屋台で美味しいし、レストランで高いお金出すのも馬鹿らしい。

これはあくまで一個人の感想なので皆に当てはまる事ではありませんが、僕も8歳でインドに初めて家族帯同として来る前は、バンコクに3年間住んでいたので、理解できます。

完結にまとめると、タイは庶民レベルでは凄く満足できる国。インドはそれができない代わりに、マハラジャ・マハラニの様な体験ができる国。後者を体験しちゃうと、他に物足りなさを感じさせられるものはあります。

アマンバーグのルームテラスで朝食

是非、インドに居る間、一度は宮殿ホテル等、インドのラグジャリーホテルに滞在される事をお勧めします。例えば、4月15日以降の北部インドは夏のオフシーズンになるので今の季節の半額近くまで下がったり、最低2泊するとお得なものが付いたパッケージがあったり、また普段1泊USD 1,000以上するアマン・リゾーツもインド在住者なら半額近くまで値段が下がる上に色々なアクティビティーや食事が付いたセット特別なパッケージがあります。

湖に浮かぶレイクパレスの客室から眺める景色

それにしても、僕も昔インドに住んでいた時は唯一の楽しみは連休にバンコクへ行く事で、実に親父含めてインド旅行なんて全く興味が無く、時間の無駄とまで思っていました。

でも、そんな自分が何でも揃う天国的なタイで起業せず、ある意味過酷で嫌いだったはずのインドで旅行会社を始めたのもやはりこの国には深い魅力があり、それは目に見えるものでは無く、人間的なものです。自分も休暇でタイへ行くのはとても良いけど、住むとなると社長奥様と一緒で、物足りなさを沢山感じるのは確かだと思います。

インドは、もっと精神を強くしてくれる「修行の国」と勝手に思っています。ある意味、この中で暮らすと出会いが戦友の様な感じになるのでは。流石仏陀が生まれた土地だけあります。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. すしまるさん
    こんにちは。興味深い記事を有難うございます。私も先月、インドからタイに旅行に行きました。インドに疲れていたので、かなり癒されましたが、おっしゃる通りかもしれませんね。
    私が旅行代理店に勤務していた時にインドかタイで迷われてたお客様には、まずタイを勧めていました。先にインドに行くと、タイで何か物足りなさを感じると思っていましたので笑
    インドは、やはり東南アジア以上の刺激や奥深さがありますね。

    返信削除
    返信
    1. namasteさん、コメントをありがとうございます。インドは長くいないとその良さを感じる事が出来ないかもしれませんね(自分はそうでした)。でも、タイはタイで食事の美味しさを中心にかなりインドとはコントラスト的に心休まる国なので、短期で訪問するには有難みがよ~く解りますね。お互いを行き来すれば人生バランスがよくなると思いますw。

      削除
  2. すしまるさん
    ご返信頂き有難うございます。
    インドに疲れたらタイへ。は昔から言われてるみたいですね。私はインドの中でもゴアが1番お気に入りです。是非また訪れたいです。インドに慣れてきたので、あちこち訪れて見聞を広げていきたいですね。リプライ有難うございました。

    返信削除