2018/03/28

シンガポール航空787-10の機内初公開!

世界で一番最初に787-10機を就航するシンガポール航空。この機材は、近・中距離機材として、これからの活躍が期待されます。

シンガポール航空が誇るA380やB777、A350の方が長距離用機材のため座席は広いですが、それでもこの新型機材のデザインが格好良い。

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

※写真はシンガポール航空公式ホームページより。

エコノミーは定番の3-3-3の座席配列。この定番配列は横幅が狭いので、エコノミーでも、歴代ゆっとりめのシートを搭載していたシンガポール航空としては意外でした。これなら、2-4-2配列のJALの快適かもしれませんね。まぁ、近距離路線用というのもありますが。

この機材は5月から関西路線に導入され、今後東京、名古屋、福岡路線に拡大する予定。大阪、名古屋、福岡は今までビジネスクラスにフラットでは無いタイプのシートが搭載されていたので、フラット+全席通路側アクセスでかなりのアップグレードになりますが、もし東京路線に本格的に就航するようになれば、現在全便ゆったり目のシートが搭載された長距離路線用機材が活躍しているので、ダウングレードになりますね。

5月一時帰国の際にこれに乗る予定なので、とても楽しみです。

ちなみに、もっと787-10機内の写真を確認されたい場合には以下のサイトが詳しいです。

Australian Business Traveller
Sam Chui Aviation & Travel


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

ひぇぇぇ3月で40℃!

現在、デリーの気温摂氏40℃。外は熱風が吹いています。体感温度は42℃だとか。

今のデリーの気温

北インド一帯は今熱波が続いていて、平年よりも大幅に気温が高い。去年は4月後半までエアコンは付けなかったのに、もう既に今日エアコンのスイッチを入れました。

今年のデリーは、暖冬の上に春の雨が全く降らなく、所謂異常気象。

ヒマラヤの山奥へ行きたいです。4月中旬でさえ、こんな場所がありますから↓。

4月のカールギル

4月のカールギル

今年の夏は、例年通りか、例年より高いか、低いか。気になりますね。

一か月前は厚い毛布を掛けて寝ていたのがウソみたいです。

この熱波は、とりあえず金曜日まで続いてその後少し収まるようですが、その後もぐんぐんと気温は上昇して、一番暑い5月末は45℃を超える日々が続くでしょう。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/27

交通量の多い道路を渡る方法

インドに限らず、これは発展途上国に共通する事。

信号も横断歩道も無く、交通量の多い道を歩いて横断する場合。

実はインドはまだマシですが、ひっきりなしに車がノンストップで走る道が多いエジプトのカイロや、猛スピードバイクが止まらないベトナムの大都市で地元の人がコツを教えてくれたりしました。

まず、この様な道路で横断する時にやってはいけない事。

<NG>
絶対に走らない!走ると、運転している方もスピードを落とした方が良いのかあげればよいのか急に判らなくなってしまい、大変危険!

でも、一向にスピードを落とす気配無いし、全く歩行者の事を考えていなそうな感じは十分に理解できる。やっぱり焦りたくなります。

そんな時。

<方法①>
向かってくる運転手に、アイコンタクトをする。これによって、「渡るぞ!」と意思を相手に伝える事ができて、向こうも気を付ける。

<方法②>
広い道路の場合、渡る時はいっきに渡ろうとするのでは無く、車線毎にストップする。てか、大体車線なんか無いか(笑)。その時は、自然の流れで出来た「車線」に沿って、一度止まる。車はまだ簡単だが、バイクが多い場所ではこれが必要。

歩く時は絶対にゆっくり!どんなにバイクや車のスピードが速くても!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/25

インド人宅でカレー以外のご馳走

驚きました。先日、デリーにある北東インド現地協力会社のオーナーの友人宅で夕食をご馳走になったのですが、(良い意味で)期待していたものとは別物のメニューが出てきました。

インド料理は一切無しで、野菜、肉、シーフードをバランスよく利用されていて、どれも美味しい!カレー味のものは無い。

写真には無いけど、まずはクリームチーズ、クラッカー、チョリソー、ブドウのカナッペからスタート。

その後、暖かいアペタイザーが。海老にレモンクリームソースが掛かったものと、普通のソーセージ。

アペタイザー

メインディッシュはこちら。

メインディッシュ

白身魚のハーブ焼き

フレッシュサラダ(トマトは自家栽培)

次のものが初体験でかなりいけた。

スイカとクレソンのサラダ

スイカの甘みとビネガーの酸味が良くマッチした味。

次のジャガイモは胡椒がよく効いたシンプルな塩味。

ジャガイモ料理

そしてパスタ。ペンネはパーフェクトなアルデンテで、焼き茄子が載っている。

パスタ

プレートに載せる

自分と同僚以外は皆インド人なのに、食べれるの??と心配してしまうのだけど、はるばる北東インドから来た現地協力会社へのおもてなしだとか。向こうは肉の制限が無く、普通に牛肉や豚肉は食べるし、この様な西洋料理のオプションがあまり無いとの事。

あぁ。。。カレーだと見越してあまり食べないだろうと思い、この日昼食をガッツリ食べてしまった事に後悔。。。

こんなお洒落な料理、インド人宅で食べた事が無いので感動ものでした。シンプル・イズ・ザ・ベストな味付けで、逆に腹に優しかった。

デザートもまた。。。アイスクリームに新鮮なブドウとイチゴとストロベリー・クーリ。

デザート

ちなみにここの家のお嬢さんはフランス留学をされていて美食研究家だとか。だからだ!同席していましたが、ミニスカで現れて、さすがフランスに住むと影響が違うと感じさせられました。

そういえば、インドで唯一のフランス植民地だったポンディシェリーも、街並みがお洒落だったし食事も美味かったな。こちらに関しては以前旅行記をまとめたので是非参考に。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/24

自分がデリーに長く住みすぎた証拠

8年前バンガロールで初めてインドで働き始めた時、当時の南インド人上司がよくデリー育ちの自分に冗談気に「あなたはデリー人だからしょうがない!」と馬鹿にしていました。

当時あまり意識した事無かったけど、バンガロール来て初めてデリーの人は一般的に印象があまり良く無い事を認識しました。典型的なステレオタイプとしては、デリー人は:

〇態度が傲慢
〇階級意識が非常に強い
〇荒々しい性格

等々。

確かに、よくよく観察すると、バンガロールの人の方が全体的に勤勉で、人も柔らかいし、丁寧。

ムンバイ、チェンナイ等の大都市へ行っても、同じ様な事が感じられました。デリーは内陸で気候が厳しく地方が様々な人が集まり過ぎている、というのと、それ以外の大都市は南国で英領植民地時代から栄えていたからというのもあるでしょう。

前置きが長くなりましたが、最近あ、デリーに慣れすぎたな、と感じた事がいくつか。

〇言葉遣いが荒くなる
これは片言しか喋れないヒンディー語を話す時によく表れるのですが、階級社会ばりばりあるデリーでは、知らない人から電話が掛かってくるとき、ウーバーやオートリクシャーの運ちゃんと話す時、穏やかに対応すると色々つけこまれそうだな、と自然に思い、それが話し方に出ます。荒いと言っても悪口になるのでは無く、話し方が雑になったり上から目線がちになってしまう。もちろん、富裕層や教育ある人達に対してそうはなりませんが、田舎から集まったりした人口の大部分を占めるあまり教養の無い方々に対しては彼らの厳しい現実に合わせる必要があるのかな、と思ってきます。

また、同じ田舎でも日本と気候の似ているヒマーチャルやウッタラカンドからのヒマラヤの山岳地帯の人と話すときは、柔らかさに和まされます。この前ウーバーの運転手の対応が良くて、出身地を聞くとダラムサラの近くだ、と言ってて、それを聞いた途端勝手に「信用できるな」と思いました。

〇他人を疑い深くなる
これは荒い言葉遣いにも関係するのですが、弱肉強食の世界の中、基本他人の意見に疑い深くなります。これ、絶対自分の利益のために言っているのでは無いか、面倒くさいからしっかり仕事やらないのか、もしくは嘘をついているのでは無いか、と普段からの生活で接する人達に対して思ってくる事が多々あります。疑い深くなるとどうなるかというと、自己主張が強くなっていく。こっちの方が良いのでは無いか、それは間違っているのでは無いか、とか。素直に他人の意見を受け入れにくくなる自分が時々あります。

〇いつの間にか階級意識が強くなってくる
デリーはインドのどこよりも非常に階級意識が強い土地柄だと思います。これは「カースト」というよりも、「ご主人様と下っ端」的な関係。インド独自というより、イギリスの影響だと伺えます。例えば、以前お世話になった協力会社の社員と食事に行く時、社長やメール対応をする社員は一緒でも、同じ社員であるドライバーやお茶運びは毎回誘われない。アルバイトでは無く、昔から働く正社員的な感じだったのでこれはちょっと異質に思いました。バンガロールで働いていた時の会社では、どこかのレストランで社員パーティーをする時はドライバーもしっかり参加していた(まぁ社長が日本人であるから、というのもあったけど共同経営者の高カーストインド人上司も違和感が無かった感じ)。

以前にも触れた事もありましたが、日本でとある会社の社長だった親戚が実家に遊びに来た時に、食卓の席で親戚の専属の運転手さんが一緒だったことに違和感を感じた自分に嫌気を差した事がありました。

デリー在住歴もうすぐで17年になります。ネガティブな事ばかりになりましたが、その反面、デリーの人の方が一般的に情が厚く、一度仲良くなればとても頼りがいがあります。起業家精神があり、「何かあれば俺がお前を守る」的に感じる人達も少なくなりません。ある意味人間性溢れていて、バンガロールに住んでいた時はそれが物足りないとも思いました。

どんな人でも、短所と長所はバランスもってある。慣れれば、デリーは刺激がとても強くて面白いです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/23

「お得なビジネスクラス」の相場はいくらか

どの料金が「お得」というのは個人差によって違いはあるでしょうが、自分の基準を述べると以下の通りです。インド在住のため、インドルピーで基準を設定しています。

ビジネスクラスにおいては、以下の通り:

1マイルに付き10インドルピー(約16円)。

同じビジネスクラスとは言っても、機材によってはエコノミーに変わらない座席のものからドア付きの完全個室型でフルフラットベッドになり、全席通路側アクセスが可能まで幅広いです。

なので、同じ10ルピーでも、評価の高いサービスはそれ以上の価値(+2割増し)があるし、評価がイマイチの航空会社に関してはそれ以下(2割減)の価値です。

5月の一時帰国に確保したシンガポール航空のビジネスクラス。全席フルフラットシートで座席幅も他社のファーストクラス並みに広い。合計9,525マイルに対して料金は103,000ルピー。サービスに評価が高いので、個人的には1マイルに付き12インドルピー(約20円)の価値があります。計算すると、1マイルあたり10.8ルピーなので、これはかなりお得な料金になります。

ちなみに、デリー⇔成田のANAの直行便だと、往復7,340マイルで、料金は平日利用の最安値で往復147,000ルピー。1マイルあたりに換算すると20マイルもするのでお得感はありません。これが半額だったら、超お得!となっていましたが。。。そもそも直行便は距離がある経由便より料金が高いのが当たり前なので、比較対象にはならないかもしれませんね。

今悩んでいるのは、4月に予定している南アへの飛行機。昨年利用したエチオピア航空がとても良かったので、同じく同社で行くのですが、今予約を入れているのが往復エコノミー。でも、片道ムンバイ→アディスアベバ経由→ヨハネスブルグをビジネスクラスへアップグレードすると総合的に50,000ルピーで、距離は約4,900マイル。フライト時間を合わせると11時間ぐらい。両区間ともフルフラットシートで快適そう。1マイルあたりもほぼピッタリ10ルピーなので、もの凄くお得感はある。でも、エチオピア航空はシンガポール航空では無い。昨年無償アップグレードされた時凄く良いサービスを経験したけど、窓際は直接通路アクセスでは無いし、機内食も口コミ読むと当たりはずれがありそう。これは非常に悩みどころ。。。マイルは貯まるんだけどね。。。

最高のクルーに恵まれたエチオピア航空のビジネス

エチオピア航空の旧型シート

てな訳で皆さんの「お得なビジネスクラス料金」の相場があると思いますが、もし何かご意見あれば参考までに聞いてみたいです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/21

インド版日清カップ麺シーフードカレー味を試す

日清食品のカップ麺、インドでも頑張っています。

味付けはどれも似たり寄ったりだけど種類も豊富で、定番のマサラカレー味、醤油とニンニク味で中華風にしたベジマンチョウ(まだ試してない)、定番のチキンカレー味、イタリア風にトマトとチーズピザ味、そして最近はマトンカレー味が出ました。

最新、シーフードカレー味というのが発売されて、興味を持って購入してみました。価格はRs. 50(約80円)と日本よりちょっと安め。

パッケージ

海老やかにかまが入っています。お湯は、インド版は何故かカップ半分ぐらい。まだ「汁麺」という発想があまり無い様です。マギーもカップ麺製造していますが、こちらも同様に麺がお湯に隠れるぐらいの場所にお湯の線があります。

お湯を入れる

評価は。。。インドのカップ麺としては一番のお気に入りです。味は日本で販売されている同社のシーフードヌードルに、日本風のカレー(でも甘さ控えめ)を足した感じ。

この商品、シーフードに抵抗ある内陸インド人(デリー等)に受けらるか。ムンバイやチェンナイ、コルカタ等の大都市では結構イケると思うけどデリーでこのバージョンが売れるか気になる。

折角日本ブランドがあるから、普通に和風ラーメンを売りにしても良いと思うのだけど。。。すし味とか(笑)。いや、「Sushi」は金持ちインド人の流行のシンボルでもあるから、ちょっぴり酸味を効かせていけるかもしれない(笑)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/19

アラスカ航空でJALチケット変更の際の注意点

昨日、エアライン趣味仲間N君から連絡が入り、アラスカ航空で発券したJALチケットの変更の際には気を付けた方が良い、との事。特に、既に最初の区間を利用済みの場合。

N君の友人君が今日JALのビジネスクラスで成田からクアラルンプールへ向かう予定だったが、前日JALと確認したら(恐らくオンラインチェックインを行う段階と推定する)、何と予約が入っていなかった。

発券元のアラスカ航空に確認をしたら、JALとアラスカ航空の予約システムが一致せず、アラスカ航空で予約は確定されたけど、JALから確定が保留になっていて、そのまま流されて自動的にキャンセルになったらしい。この件に関してアラスカ航空も責任を取る事無く、友人君は急遽前日夜に違う航空券を別で手配。

今回の例は一度最初の区間を利用後の変更手続きであって、この場合変更はオンラインではできない模様。そのため、アラスカ航空のコールセンターに電話をして手続きをしなければならない。

変更後はアラスカ航空からEチケット番号がしっかり記載されていた様なので、そうなると疑いは普通無い。恐らく昨年JALの予約システムがセーバー社からアマデウス社へ変わったので(そうなると予約コードも変わる)、それで混乱が生じてしまったのでは無いかというのも考えられる。

結論:一度アラスカ航空で発券した航空券(変更後も含む)は、必ずJALのホームページで自分の予約が確定できているか確認しましょう。幸い、アラスカ航空で発券したJAL航空券はJALの予約コードも入っているので、直ぐにチェックができます。

赤枠がJALの予約コード

JALのホームページでは、トップページから確認ができます。ただし、JMB会員としてログインをしている場合には、一度ログアウトしないと確認できません(JALのサイトはちょっと使いづらい。。。)。

JALホームページ

必要情報を入力すると予約詳細の画面が現れ、そこで「発券済み」という記載があるか確認しましょう。

これなら安心

ついでに、このまま座席指定もできます。

アラスカ航空でJALを発券するとお得な料金でビジネスやファーストに乗れますが、その分予約に関しては「日系の安心感」は無いので、リスクがあるという事に注意が必要です。

デリー上空を飛ぶJAL787-9機


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/18

インドに銀行口座を残しながら日本へ帰るリスク

インドに住んでいて得だと思うのは、銀行の利子が日本よりも高い事。年率5%ぐらい貯まるので、例えば200万円を預金したら、年間に10万円も利息が付きます。僕の持っているICICI銀行の普通口座では、3月、6月、9月、12月の29日にそれぞれ利息が入金されて、ちょっぴりワクワクする日。

なので、やはりインドに永遠と口座を残しておきたいですね。普通口座はインドに居住人では無いと開けないし、非居住人用(NRO)の口座でも、PANと呼ばれる納税番号が必要になるので、インドで職務経歴が無い日本人がいきなり口座を開くのは厳しいから、余計に。

でも、もしインドに縁が無くなるのであれば(仕事の都合などで)、インドに口座をキープするのはリスクが高い。僕が初めて口座を開いた2010年以降、時間が経つにつれて、色々と厳しくなっています。

①KYC
「Know Your Customer」の略で、2013年頃?から銀行側で求められるようになりました。口座情報の更新で、PANコピー、パスポートのコピー等、開設時に提出した同じ書類を求められるもので、しっかりハードコピーで提出する必要があります。気を付けたいのが、これが2年に一度更新しなければならなくなり、その時に「登録先のインドの住所に今住んでいる証明ができない」となると口座が一時凍結になる可能性も否定できません。

②アーダール番号登録
今話題のインド番マイナンバーであるアーダール番号。2018年3月31日までに登録しざる者は、口座が凍結になるとなっていて銀行側もしつこい程期限までに登録するように勧めています。これが外国人に適応されるか適応されないかはとても曖昧なところ。万が一適応された場合、アーダール番号はインド在住者しか取得できないので、既にインドに銀行口座を持ってアーダール番号を持っていなくして日本に帰国した場合、4月からの解除手続きとか面倒くさくなりそうです。

とにかく、テロ対策として次から次へと口座保持者に対して規定が厳しくなってきています。インド経済はこれからもいい感じで成長を続けると思うし、預金をするのは大のメリットだけど、その分リスクも高いという事。次何のルールが適応されるか分からない。一晩で、高額紙幣札が無効になるぐらいですから(笑)。その内、インド非居住の外国人(インド系以外)の口座はインド在住の証明が無い限り凍結、といきなり下されても可笑しくない状況です。

魅力の裏には必ず何かある。。。人生の鉄則ですな。

ただ、同時にインドは基本「融通が利く国」なので、万が一ハプニングが起こっても抜け道は大抵あるという事。面倒くさい事は多いかもしれないけど、例え法則があっても、最終的には自分の求める結果に辿り着く場合は少なく無いです。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

インド人の寛容さに感謝

うちのニャニャ(雄)もそろそろ1歳になります。体を全部伸ばし切ると僕の体の半分ぐらいの高さになり、どんどん巨大化していく。

巨大化するニャニャ

段ボール箱大好き

飼い主としては今は完全室内猫にしようと努力中。元野良猫で生後半年以上は完全に室外暮らしだったので、状況をガラリと変える予定。今は、とりあえず朝だけ外に出す事を許可し、午後は一切出さない。

先週までは日中はほぼ外でうろうろしたり屋根裏で寝てたりしたけど、いずれもし日本で暮らすとなったら「近所迷惑」や虐待を防ぐためにもなるべく完全室内猫にした方が良い。

んで、今いるインドではもう既に近所迷惑をしている。この子は今住んでいるフラット(集合住宅)が地上の駐車場から屋上まで立体的に彼のテリトリーであり、毎朝必ずパトロールにし全部訪れる。中でも、駐車場には他の住居人のバイクや車が止めてあり、必ず全部の車の窓ガラスに足跡を付けないと気が済まないみたい。

いつもお世話になっている二階のお兄ちゃん(たぶん猫嫌い)にたまたま駐車場この前会った時、「実はこの子、俺のバイクのシートをぼろぼろにしているんだよ」と言って、確認したら本当に爪をこのシートで研いだ跡が。。。それみて非常に申し訳ないと思い、弁償すると伝えても「いいよいいよ、気にするな!」みたいな感じで許してくれるんだけど、こちらとしてもどうも申し訳ない気持ちでいっぱい。結果的にシートにかけるカバー(薄い毛布)を置いて行った。別にクレームを言う訳ではなく、僕が飼っている事は知っているのだけど、大目に見てくれている。。。

そして、一階の綺麗好き老夫婦は車がピカピカしているんだけど、うちの子が窓ガラスにしっかり肉球の跡をつけていっている。これも、向こうはクレームは言わず、笑いながら「あなたのDirty Catが犯人だ!」とジョークを投げるぐらい。こちらもカバーを、と伝えたら外すのが面倒くさいからこのままでよいとの事。

同じ事、日本の駐車場で行ったら。。。

これには一般的にインド人の大らかな心と外国人特権が重なって許されていると思う。

そう、この外国人特権というのはデカい。自分が結構わがままで居られるのも、外国人であるから、というのを多々感じられることはある。

家の前森であるため野鳥も多く、自然豊かな今あるインドの家。車もそんなに多く無いしスピードがあまり出せないエリアなので、あまり交通事故の心配も無いし、日本と異なりインドでは建物同士がぴったり隣で隙間なく繋がっているので、猫にとっても屋上生活の天国なのだ。だから、安心して外に出せるんだけどね。

近所の皆さん、ご迷惑お掛けしております。。。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/16

JALの成田⇔デリービジネスクラス往復が13万円

以前にも説明しましたが、アラスカ航空のホームページだと、JALで成田⇔デリーのビジネスクラスがお得に発券でき、今の為替レートだと往復13万円で確保できます。

購入方法は、

①アラスカ航空マイレージ会員になる(もちろん無料)。
②会員になってから10日間待つ。
③成田⇔デリーに必要分のマイルを購入する。
④マイルで、JALの航空券を購入する。

13万円というのは、③の、最大40%のマイルのボーナスセールを行っている時で、諸税等すべて含めた最終的な総額です。今正にマイルのボーナスセールの時(4月9日まで)で、3か月に1回ぐらいの割合で、約1か月間程実施されます。なので、セールを逃してもまたすぐにやってくる。

アラスカ航空のサイト上でJALチケットの購入の仕方・条件は以前詳しく説明したので、そちらで確認下さい。

これが凄いのは、現時点でも4月、5月のゴールデンウィークの時期でもしっかり空席が確認できる事。エコノミーでも今から手配すれば普通に20万円ぐらいしても可笑しくないので、その中13万円、しかもビジネスクラスでインドへ往復できるのはヤバいです。

2018年4月の成田→デリーJALビジネスクラス空席状況:

4月の成田→デリー空席状況

そして帰り5月のデリー→成田JALビジネスクラス空席状況:

5月のデリー→成田空席状況

普通に今現在、4月28日(土)成田出発、5月6日(日)成田到着が可能です。そんなにインド、人気無いのかな(笑)。まぁこの時期デリーはかなり暑いですもんね。

母親が4月にインド訪問を検討しているので、日にちが合えばこれで手配する予定です。もう60代だし、片道8時間以上のフライトになるのでビジネスだとかなり快適に来れる。

ちなみに、JALホームページでこの区間を購入する場合、最安値の往復で47万円近いので、アラスカマイル方法を利用すればほぼその3分の1でゲットできてしまうのです。

JALホームページで購入する際の最安値

この方法で、僕も昨年デリー→成田をビジネスクラス成田→ジャカルタをファーストクラスに乗ってとても思い出に残る飛行機旅行をさせてもらいました。デリー発成田行きの機内食は最高に感動ものだった。

デリー発JALビジネスクラス和食前菜

現在、デリー便に導入されているビジネスクラスはスカイスイート(SS)IIIというのタイプです。こんな感じ。写真はJAL公式ホームページより引用。

JALSSIII

JALSSIII

JALSSIII

JALSSIII

デリー近辺在住者にとって、良い親孝行できますね(笑)。もしくは彼女・彼氏へのサプライズとしても最適です。

ちなみに、片道だと必要マイル数は半分になります。特に、JALの片道航空券はエコノミー・ビジネス共に高価なので(エコノミーの場合には往復最安値より高い)ので、この手段で片道航空券をゲットするのもアリです。もちろん、デリー発の逆往復もありです(その場合は、バンコク→成田→デリーという風にした方が片道扱いで半額近くになるので更にお得になります)。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/15

アフーラーマズダー

何だか呪文みたいなこの単語。これは、ゾロアスター教の最高神を指します。

日本語で拝火教徒とも呼ばれ、古代ペルシャで生まれた宗教。火を拝み、死者は「沈黙の塔」で鳥葬される事で知られています。

世界全土でたった20万人ぐらいしかおらず、そのほとんどが生まれのイランと、インドに多くなっています。インドではムンバイに大きなコミュニティーがあり、ムンバイ中心部の一等地にコミュニティーごと土地を持っているとも言われています。

インドではラタン・タタという偉大な人物が有名です。タタ財閥の創業者で、彼もこのコミュニティーに属している。

昨年12月にイランのゾロアスター教聖地に興味があり、訪れました。その場所がヤズドで、ここが如何に最高だったかはその時ブログの記事にしました。そのヤズドの郊外に、神秘的に乾ききった土地の洞窟が一番の聖地、チャクチャク

何が言いたいかというと。。。プネからムンバイへお客様と移動中に寄ったドライブインに、パルシー(ゾロアスター教徒達の意味で、「ペルシャの人」という意味)飯がある、という看板がありました。その名もアフーラー。その真ん中に、イランでよく見掛けたアフーラーマズダーの絵が。とても懐かしかった。

パルシー料理あるよーって書いてある看板

こちらがイランで見かけたゾロアスター教の教えを簡単にまとめたもの。「良い行い」、「良い考え」、そして「良い言葉」の3つを大切にしなさいという事。

ゾロアスター教のシンボル

インドは多様ですね。。。ところで、ムンバイにパルシーの日本語ガイドがおりますが、彼女は明らかに見かけがインド人では無い。肌は白く、髪は茶色く、目も薄い。「血」を大切にしているので、普通のインド人と見分けがつきやすいようです。もちろん、ある程度混血も進んでいると思いますが。

ちなみに、イランでは衛生観念から鳥葬は禁止されたけど、インドはムンバイで未だにこの伝統は継がれている様。その場所は信者以外は立ち入り禁止だけど、周りの高層マンションから観れるとか。。。その様な物件は良いのか悪いのか(汗)。。。

追伸:読者のYさんから教えて頂いたのですが、カーメーカーのマツダの英語表記が「Mazda」であるのは、このアフーラーマズダーから来ている様です。意外な接点が日本にもありました!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

2018/03/14

バンガロールは西洋料理天国

先日のバンガロール出張では現地採用時代の日本人同僚二名と夕食をしました。一緒に働いていたのはもう8年も前の事。両方とも別の日系企業の現地採用として働いています。

実は同じメンバーでも2年前に別のレストラン(イタリアン)で食事したので、その時の感動記はこちら

今回の場所はThe Forum Mall内にある、イタリアンのToscano。ここもデリーやグルガオン(牛肉の保持も禁止されているし)では考えられない「Beef」が普通にメニューに載っている。料金もそんなに高く無い。それ以外にも生ハムやシーフード等、ほんとノンベジのメニューが豊かで目から鱗。

写真をアップしている最中にヨダレが口の中でじわ~っと広がりました(笑)。

生ハムのメロン巻き

ビーフカルパッチョ

シーフードサラダ

フィレステーキ

どれもデリーの普通のレストランではあまり見かけないメニューばかり!生ハムは普通に美味しかったし、ビーフカルパッチョも日本で食べる様なのと大差ない(味付けが薄味だったけど)し、シーフードサラダは新鮮なレタスとボイルしたイカやエビが入っていてバランス良い。フィレステーキはミディアムでリクエストしたけどかなりウェルダンだったが、久しぶりのインドで食べるビーフの味には感動した。

デザートも期待を裏切らない。ティラミスケーキとコーヒーアイス。これも結構イケた。

ティラミスケーキ

まだ日本人ご用達(?)のステーキの美味しいポートランド・ステーキハウスには行った事無いけど、それ以外のレストランでも十分に満足感を与えてくれます。

バンガロールはインドワインの産地でもあるし、気候が一年を通して温暖で極端に暑かったり寒かったりしない事、またビーフやポークを普通に食べれるクリスチャンが多い事から、食材豊かな西洋料理が美味しくなるのだと思う。料理の値段もデリーやグルガオンで食べる時より3割ぐらい安い(&クオリティーも平均的に高い)。

逆に日本食になるとオプションは限られるけど、是非バンガロール来たら欧風料理を試すべし!


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村