2018/03/28

シンガポール航空787-10の機内初公開!

世界で一番最初に787-10機を就航するシンガポール航空。この機材は、近・中距離機材として、これからの活躍が期待されます。

シンガポール航空が誇るA380やB777、A350の方が長距離用機材のため座席は広いですが、それでもこの新型機材のデザインが格好良い。

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

シンガポール航空787-10ビジネスクラス

※写真はシンガポール航空公式ホームページより。

エコノミーは定番の3-3-3の座席配列。この定番配列は横幅が狭いので、エコノミーでも、歴代ゆっとりめのシートを搭載していたシンガポール航空としては意外でした。これなら、2-4-2配列のJALの快適かもしれませんね。まぁ、近距離路線用というのもありますが。

この機材は5月から関西路線に導入され、今後東京、名古屋、福岡路線に拡大する予定。大阪、名古屋、福岡は今までビジネスクラスにフラットでは無いタイプのシートが搭載されていたので、フラット+全席通路側アクセスでかなりのアップグレードになりますが、もし東京路線に本格的に就航するようになれば、現在全便ゆったり目のシートが搭載された長距離路線用機材が活躍しているので、ダウングレードになりますね。

5月一時帰国の際にこれに乗る予定なので、とても楽しみです。

ちなみに、もっと787-10機内の写真を確認されたい場合には以下のサイトが詳しいです。

Australian Business Traveller
Sam Chui Aviation & Travel


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿