2018/03/19

アラスカ航空でJALチケット変更の際の注意点

昨日、エアライン趣味仲間N君から連絡が入り、アラスカ航空で発券したJALチケットの変更の際には気を付けた方が良い、との事。特に、既に最初の区間を利用済みの場合。

N君の友人君が今日JALのビジネスクラスで成田からクアラルンプールへ向かう予定だったが、前日JALと確認したら(恐らくオンラインチェックインを行う段階と推定する)、何と予約が入っていなかった。

発券元のアラスカ航空に確認をしたら、JALとアラスカ航空の予約システムが一致せず、アラスカ航空で予約は確定されたけど、JALから確定が保留になっていて、そのまま流されて自動的にキャンセルになったらしい。この件に関してアラスカ航空も責任を取る事無く、友人君は急遽前日夜に違う航空券を別で手配。

今回の例は一度最初の区間を利用後の変更手続きであって、この場合変更はオンラインではできない模様。そのため、アラスカ航空のコールセンターに電話をして手続きをしなければならない。

変更後はアラスカ航空からEチケット番号がしっかり記載されていた様なので、そうなると疑いは普通無い。恐らく昨年JALの予約システムがセーバー社からアマデウス社へ変わったので(そうなると予約コードも変わる)、それで混乱が生じてしまったのでは無いかというのも考えられる。

結論:一度アラスカ航空で発券した航空券(変更後も含む)は、必ずJALのホームページで自分の予約が確定できているか確認しましょう。幸い、アラスカ航空で発券したJAL航空券はJALの予約コードも入っているので、直ぐにチェックができます。

赤枠がJALの予約コード

JALのホームページでは、トップページから確認ができます。ただし、JMB会員としてログインをしている場合には、一度ログアウトしないと確認できません(JALのサイトはちょっと使いづらい。。。)。

JALホームページ

必要情報を入力すると予約詳細の画面が現れ、そこで「発券済み」という記載があるか確認しましょう。

これなら安心

ついでに、このまま座席指定もできます。

アラスカ航空でJALを発券するとお得な料金でビジネスやファーストに乗れますが、その分予約に関しては「日系の安心感」は無いので、リスクがあるという事に注意が必要です。

デリー上空を飛ぶJAL787-9機


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿