2018/05/27

インド核実験実施から20年~核の無い世界は夢

今でも覚えています。まだ14歳だった当時のデリー。

1998年のデリーは歴代で最も暑い夏の一つで、5月末には連日で日中45℃を超えていました。当時は停電が今よりも長時間起こり、1日あたり8時間停電なんてのも普通。母親と二人暮らしだった当時は、父親が居た駐在生活時と異なってジェネレーターが完備された家では無く、真夜中停電が起こると本気でエアコンもファンも使用できません。屋上階で熱がこもりやすく、一度深夜で温度を測定した時は40℃もありました!冷凍庫からアイスノンを取り出してはタオルに包めて枕にした事もありました。それが一日だけで終わらず、10日間ぐらい毎日続いた。あれは地獄だった。。。

そんな首都の主要住宅街に十分な電力を供給できなかった時代、インドはラージャスターンの砂漠で核実験を実行しました。当時は世界を驚かし、アメリカや日本はインドに経済制裁を発表。一時期、日本とインドの関係も揺るぎました。

一般のインド人はインドが核保有国である事を誇りに思っているし、使う事はあり得ないと思っている。逆に、核を持つことによって外交力が増し、抑止力になる。今まで、核兵器保有国同士が全面的に戦争をした事は無いし、冷戦で結果的にソ連とアメリカが全面戦争をしなかったのはお互い核兵器を持っていたからという説は有名。その代わり、両国は核を持たない第三国で間接的にお互い衝突し、地元住民を巻き添えにして多くの死者を出している(朝鮮、ベトナムやアンゴラが例)。

そして、一方的に核保有国によって核を保有しない国の核開発を阻止するのもどうかと思う。北朝鮮は確かに拉致問題を解決するまで日本にとって仮想敵国だけど、核を保有する事に関しては権利がある。イラクやリビアがアメリカによって攻められたのも「核」が無いと断定していたからでしょう。少なくても核を持てば、そう簡単にアメリカに軍事侵攻される事はまず無い。「朝鮮半島の非核化」は凄く甘い理想であって、北朝鮮がそう簡単に核兵器を破棄はしないだろう。破棄したら、アメリカに攻められる可能性は高くなる。

基本敵対関係であるインドとパキスタンも、4度あった全面戦争も核実験以降は、小さな衝突は多々あるにしろ、全面戦争は一度も無いしこれから起こる事も考えにくい。それは「核」の抑止力による平和だと考えられている。

今や、矛盾しているけど核兵器は「平和」のための武器でもある。犠牲になるのは「核」を持たない第三者になる可能性が高い。先ほどの例の通り、冷戦の時がそうだった。

北朝鮮が韓国やアメリカに対しても強気で居られるのはやはり核兵器を保有するようになったからだろう。例えアメリカには全く敵わないとは言え、どんなに力が小さくても「核」は脅す力がある。

個人的な意見としては、日本が世界で一番核兵器の悲惨さを知っているのであり、日本こそが核兵器を持つべきでは無いかと思う。今だからこそやっと長く続いている安倍政権があるけどその前はしょっちゅう首相が交代し、周辺国の反応をおどおどしていた(特に靖国神社参拝の件等)。「核」を持つことによって、日本の外交が強くなるのは確かでアメリカ一辺倒の体制から抜け出し、平和ボケも治るのでは無いかと思う。

実は日本は世界の中でも稀に見る仮想敵国が多い国(外見上はそう見えなくても)。北のロシアとは北方領土問題、西の北朝鮮とは国交が無く、韓国は一応アメリカとの共通同盟という事で表向きは関係が良くても竹島を占領されたままで歴史問題が解決しないまま、そして中国は尖閣諸島(幸いまだ日本領だけど)や海上でのアグレッシブなアプローチと韓国と同様の歴史問題がある。そして、遠い東のアメリカは一応関係は良いと言っても、アメリカにとっては第二次世界大戦のトラウマがあるので日本を決して強くさせたくないメンタリティーがあり、それは日本にとって不利。唯一、完全に利害関係なしに仲が良くできると言えば台湾だけど、これも現在の民進党政権ならまだ日本寄りだが、国民党政権にあると反日になりやすい。実は平和そうな日本、周辺国とはかなり複雑な外交関係だらけ。あれだけの平和を保てるのは天照様に守らているとしか考えられない(笑)。

ちょっと感情がこもってしまい日本の核武装は賛否両論でしょうけど、とにかくインドが核実験をしてからは「外交的に頼れる」存在になったのは確か。日本にとっても、中国の勢力に対抗できるアジアで唯一の心強いパートナーはインドであるのは、単なる人口が多い大国だけでは無く、「核」を持っているからでしょう。

現在核保有国が自ら核兵器をすべて放棄して各国の見本になるまで、核兵器の無い世界は不可能。どちらかというと、今では核兵器を持つことによって平和と引換にする世の中では無いのか。逆に、「核」の力が無い方が将来が不安。

決して「核」はマイナスでは無い。決して北朝鮮の肩は持ちたく無いが、どんなに経済的に窮屈でも核兵器の開発だけ進めて自国の領土(政権)の確保を追求する金政権はとても頭が良い。

さて。。。もっと軽い話をしましょうか。

昨日のデリーは今夏で一番の暑さで、日中の気温は46℃。これは日陰の気温なので、事務所のベランダで実際日向は何度ぐらいだか測定してみました。

じゃじゃーん

この温度計、最高気温は50.0までの表示でそれ以上は無いみたい。もっと長くそのまま放っておいたら、エラー表示になっちゃった。暑すぎて測定不可能!

今の自宅は昔住んでいた場所と違って太陽の光が当たりにくくなっているので、お蔭で停電でエアコンが止まってもそんなに暑くならない。一度エアコンで冷やしておくと流石大理石タイルで、結構長く、そこそこひんやり保ってくれます。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿