2018/05/18

バックトゥーインディア

今朝のフライトでインドに戻りました。

帰りのシンガポール航空も期待通りのパーフェクトに近いフライトで、とても快適でした。これで、4種類の現在存在する同航空会社のフラットシートをすべて体験した事になります。

関西→シンガポールはまだ就航してから2週間しか経っていない世界初787-10での定期運航便。この機材はなんと近距離・中距離用機材でもありながら、ビジネスクラスでは全席通路アクセスのフラットシート。

最新鋭787-10

787-10のビジネスクラスシート

サテーとシルバークリススリング

生憎、今回は期待していた和食の「花恋歴」は機内前方ですべて終わってしまい、機内真ん中に座っていた自分の番では指定する事ができず、残念でした。

食後はチョコレートのサービスも

787-10のフラット状態

シンガポールから先のムンバイ行きはA380機の運行で、こちらは旧型のシート。新型は往路シンガポール→香港で体験し、こちらは「お楽しみ」としてまだ写真はアップしていません。実はこの旧型タイプのシートが一番快適でした。シートピッチは航空業界のビジネスクラスでは最大級で、大人2名が余裕で並んで座る事ができるほど広いです。

A380の旧型シート

このフライトでは、シンガポールの庶民的料理ラクサーを事前指定し、これは正解でした。

ラクサー

とにかく広い「ベッド」

体験談は別途詳しく記事にします。


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿