2018/05/24

香港の展望台:行くならsky100とビクトリアピークどちら?

馬鹿と煙は高いところが好き。

高い場所好きにとって香港は天国です。

今回の香港滞在では約10時間のトランジット時間があり、その間2つの市街を見渡せる展望台を訪れました。

sky100

最初に九龍にある、香港貿易センタービル(香港貿易発展局)の100階の高さにあり、sky100という展望台。地下鉄やエアポートエクスプレスの九龍に直結しているのですぐです。

入場はHKD 185(約2,600円)と安くないですが、日曜の午後だったにも関わらず待ち時間は一切無く、入場券購入してすぐにエレベーターで向かう事ができました。

エレベーターから降りると360度の香港のパノラマが楽しめます。

展望台

香港島

周辺の景色

尖沙咀(Tsim Sha Tsui)の商業地帯

奥に昔の国際空港の滑走路が

内陸方面

そして、後ほど、オレンジ色で囲まれたビクトリアピークへ向かいます。

香港島とビクトリアピーク

途中、香港島の上環辺りを散歩してみました。周りはビル、ビル、ビルで凄い光景。四角好きにはたまらない場所ですね。

上環の高層ビル群

ビクトリアピーク

時間が無い旅行者は直接タクシーで向かう事をお勧めしますが、時間があれば昔ながらのケーブルカーで上がって行くのが良いです。以前、口コミで、麓駅(地下鉄・空港エクスプレスの香港駅近く)での待ち時間は2時間、そして夕方や休日は更に要注意など脅かされましたが、実際5月の日曜日の17:00頃に並んだ際、往路の待ち時間は1時間程度でした。

可能であれば、景色の良い進行方向右側の座席をお勧めしますが、ケーブルカーのドアが開くとともに世界各地の旅行者(特に本土からの中国人)が一斉に殺気立ちながら中に入ろうとする事もあるので、難しいかもしれません。

山の上には立派な7階建て?ぐらいの展望台があり、テーマパークの様にアトラクションやレストランがあります。エスカレーターで頂上へ向かうとそこが展望台です。料金は、往復のケーブルカーとこの展望台利用のセットで、HKD 100でした。

展望台の建物

頂上へ行くと最高の景色が待っていました。正に100万ドルの夜景!これぞ、自分の求めたものでした。ふと、神戸の稲佐山の頂上に来た錯覚も起こしました(ビルのスケールが全然違うけど)。同じ様な写真を重ねますが、悪しからず。。。

夕方の香港

手前の高層ビル群

↓写真左側にある高層ビルが九龍側にある、sky100がある香港貿易発展局です。

左側に香港貿易発展局

だんだんライトアップしてきます

中環地区

高層ビルの規模が凄い!

内陸の方を望む

ネオンがだんだん素敵な色に

明りがぽつぽつ

夕暮れ後の香港

いくつの光があるんだろう

中環地区

だんだんポストカードの様に

これぞ

期待していた光景!

雨や曇りの多い香港で、この日は晴れていてとても恵まれていました。特に5月は降水量の多い月でもあるので、その中くっきり晴れて青空を見せて、本当に運が良かったと思います。夜景もばっちり。

復路のケーブルカーも、20分待ち程度で乗れました。無事、時間通り空港へ余裕を持って向かう事ができました。

行くならどちら?

迷わずビクトリアピークです。断然(賑やかな)観光客も多く、展望台で場所を確保するのが難しいかもしれないけどやはり大自然の中、風に吹かれながら眺める香港の夜景は最高です。sky100はどうしても窓があるので、夜景の撮影には館内の明りが反射したり、良い写真はあまり撮れないでしょう。また、窓の汚れが少し気になりました。この高さの清掃はかなり大変だと思うけど。。。

でも、騒々しい観光客の波に入らず、あまり歩かずに優雅に景色を楽しむならsky100は良いと思います。

おまけ。

香港→羽田のフライトでちょうど中心部の前を通りました。香港貿易発展局の建物もくっきり。

飛行機から眺める香港


☆ランキングに参加中です☆
↓押して頂くとちょこっとやる気が出てきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿