2015/01/29

AR州旅行その3:恐怖の吊り橋

中央アルナーチャルの主要な街、パシガートから先はシアン川という、先日夕焼けを見た大河ブラーマプトラ川へ流れる主流の川を北上します。この川はチベットから流れて来て、ラサやシガツェと言うチベットの所要都市も流れます。チベット・中国名はヤルツァンポ川です。

結構大きな川で、この川の上には沢山の吊り橋が掛かります。

竹でできたシンプルな橋が多いのですが、中でも竹を一重しかない箇所もあり、本当に割れたら数十メートル下の川まで落下してしまうという、黒ひげ危機一髪的な橋を渡りました。全部がこんな橋では無く、場所によっては竹を二重や三重に重ねた場所もありますが、基本竹でできています。

結構長い橋&高い。

橋の真ん中の方。
かぁ~なりスリル満点です。

橋外観。
地元の人はここを早歩きで渡るので凄いです。

同僚は先っちょまで行きましたが。。。僕は真ん中まで行って引き返しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿